会場で触れ合える猫「ホームズ」

写真拡大

JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」では、6月15日(金)から8月31日(金)まで江戸をイメージした猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が期間限定オープンします。

【写真を見る】会場で触れ合える猫も一部発表された(写真は「チョコ」)

「江戸ねこ茶屋」は、長屋をモチーフにした建物に浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現し、会場には保護猫など、多数の猫と触れ合えるイベントです。

会場内には猫提灯が飾られ「ねこ茶屋」を中心とした町があり、「ねこ湯」「ねこ遊郭」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンを設けられています。どこでも猫との写真を撮ることができ、江戸情緒あふれる空間に溶け込む猫の写真はここでしか撮れない光景です。

なお、猫は強い光に弱いため撮影時のフラッシュはNG。大声を出したり猫を追いかける、抱き上げるなど猫を驚かせるような行為も避け、猫にストレスのかからないように触れ合いましょう。

このほか、使用した浮世絵の解説を通して江戸から続く人と猫との深い関係を知ることができるほか、猫に関連するオリジナルグッズなどの販売コーナーも設ける予定です。

本イベントは「-両国- 江戸NOREN」や「すみだ北斎美術館」とのキャンペーンも実施予定。また、イベントの収益金の一部は保護猫問題解決のための活動支援金として寄付されるとのこと。「回向院の猫塚」など猫と縁のある街・両国で、保護猫の支えにもつながる猫カフェをぜひ満喫してみてください!(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)