悪い癖がわかる【心理テスト】親友が描いてくれたあなたの肖像画、似ていないところはどこ?

写真拡大

 あなたは自分の癖に気づいていますか? 気づいていても他人からどう思われているかまでは知らないかもしれません。そんなあなたの癖についての心理テストです。

【質問】
 親友があなたの肖像画を描いてくれましたが、1つだけ似ていないところがありました。それはどこ? 

A:口の形
B:手の形
C:目の形
D:体型

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「直したほうがいいあなたの癖」
 似ていないところは悪い癖のある部分をあらわします。癖によって親友を不快にさせているため、絵の中で正しく直されてしまった部分となります。

■A:口の形……話し方の癖
 口が似ていないと感じたあなたは、口を使っておこなう悪い癖があるようです。話し方や話したときの語尾、発音などに独特の癖があるのではないでしょうか。言葉の最後を伸ばしてしまう、早口になってしまう、ネットスラングを繰り返してしまう……など、相手を不快にさせているものがあるのかもしれません。話し方は気をつければいかようにも変えていけますので、意識して話してみましょう。

■B:手の形……指の癖
 手が似ていないと感じたあなたは、手や指にまつわる悪い癖があるようです。字の癖や読みにくさ、指先でものを扱うときの雑さや不器用さなど、みている人が気になってしまうような癖があるのではないでしょうか。机をトントンとする、ペンをやたらと回す、髪の毛をしきりに触るなど、周りの人が指の動きを不快に感じているかもしれません。手は自分の見える範囲です。意識して止めるようにしてみましょう。

■C:目の形……ものをみるときの癖
 目の形が似ていないと感じたあなたは、目にまつわる悪い癖があるようです。知らず知らずのうちに相手をジロジロ見てしまう、眉間にしわを寄せて見るため目つきが悪くなってしまう、のように、相手が不快に思うような癖があるのではないでしょうか。「目は口ほどにものを言う」と言われますから、目の癖は知らないうちにあなたの心をあらわしているのかもしれません。気をつけてみましょう。

■D:体型……動きの癖
 体型が似ていないと感じたあなたは、身体全体に関する悪い癖があるようです。知らず知らずのうちにしてしまう貧乏ゆすりや歩き方、姿勢の悪さなど、周りの人が目についてしまう悪い癖に思い当たることはないでしょうか。「動かなければキレイでいい人なのに」「姿勢がよければ100点なのに」……そんなことを言われるのは悔しいですから、残念な癖がないか意識して過ごしてみてください。

 癖は個性にもなりますが、他人の目には不愉快に映る場合もあります。意識して直すことであなたの印象がよくなることもありますので、まずは鏡を見て、自分の癖を見つけてみましょう。
(大柴あまね)※画像出典/shutterstock