星座グループ別【驚き方】双子座・乙女座・射手座・魚座はパニックで我を忘れる!

写真拡大

 いきなり見舞われた驚きの瞬間は、いつどこに潜んでいるかわかりません。目を疑う信じられない光景の目撃、身も凍る恐怖、大ショックの瞬間……そんなことを前にすれば、どんな人でも驚くはず。12星座の3つのグループの特質から、驚き方をみてみましょう。

■活動の星座(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)……大声で叫んで大騒ぎ
 周囲にむかって「大変だー!」と大声で叫んで大騒ぎする活動の星座グループです。騒がしさとは裏腹に、理性を失うまいと思う気持ちが大きいのでしょう。この状況を何とかしなくてはいけないという自負が、こうした行動に駆り立てるようです。結果的にお祭り騒ぎになってしまうこともありますが、騒いだからこそ助かることができたというケースもあるはず。

■不動の星座(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)……動揺して息を飲む
 基本的に動かないのが、不動の星座グループです。動揺しながらも、息を飲み、その場をやり過ごそうとするでしょう。起こった出来事と状況を整理することで、自分を取り戻していきます。焦ってどこかに走ったり、逃げようとする前に、どんなことになっているのかを見極めようと努力して、慎重に行動するでしょう。吉と出るか、凶と出るかは、運命次第です。

■柔軟の星座(双子座・乙女座・射手座・魚座)……パニックで我を忘れる
 柔軟性が高い分、驚きのシーンに順応してしまうのでしょう。「ぎゃー!」と悲鳴を上げながら負の想像を繰り広げ、自らの恐怖をあおる柔軟の星座グループです。冷静さを取り戻すまでの間は、パニックに陥り、我を忘れて奇声をあげたり、衝動的な行動をすることも。一方、ひと段落すると、ウソのように冷静さを取り戻し、その変わり身で周囲を驚かせることも!

 驚きの内容によっても違いが出るかもしれませんが、ここでは、何らかの判断が必要になりそうな驚きのシーンを想定し、星座グループの基本性質から導きました。驚き対応の前座となる驚き方です。自分の長短を意識して、いざというときにベストを尽くしてください!
(LUA)※画像出典/shutterstock