ケイト・スペードは本当に自殺?夫がコメント「元気そうで、兆候はなかった」

写真拡大

 世界的人気ブランド、ケイト・スペード・ニューヨークの創設者として知られるケイト・スペードが死去した。55歳だった。

 ケイトは、ニューヨークの自宅で遺体で発見されたと報じられており、自殺の可能性も伝えられている。

 ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ケイトはパーク・アヴェニューにある自宅で、ハウスキーパーによって発見されたという。

 ケイトは、俳優のデヴィッド・スペードの兄である夫のアンディ・スペードと、1993年にケイト・スペード・ニューヨークを立ち上げて以来、デザイナーとして輝かしいキャリアを築いてきた。

 代表的なカラフルなハンドバッグから始まり、後にはアクセサリーや洋服にまで事業を拡大し、10憶ドル(約1100億円)超えのブランドへと発展した。

 ケイトは2006年に株式をすべて売却し、2016年のインタビューの中ではそれが13歳の娘の育児に時間を取るためだったと明かしていた。
 その際のインタビューでケイトはこう語っている。

「休みが必要だったの。娘の育児に専念したかったから。人からは『戻りたいと思わない?』と聞かれるけど、全然そうは思わなかった。仕事はもちろん大好きだったけど、自分で思っていたよりも恋しくならなかったの」

 2016年にデザイナー業に復帰したケイトは、フランシス・ヴァレンタインという小物ブランドを夫と立ち上げた。

 ブランド名は娘の名前にちなんでつけられ、そのブランド名に合わせて自身の名前も、ケイト・ヴァレンタイン・スペードへと法的に改名していた。

◆夫婦の問題で悩んでいた? 夫がコメントを発表
 ケイトの死去をめぐって、色々な報道がされている中、ケイトの夫であるアンディがコメントを発表した。

 それによると、ケイトは「重度のうつ病と不安障害でここ何年か治療を受けていた」という。そして、死去する前にも連絡を取ったが、元気そうで、自殺するような兆候は見られなかったとしている。

 また、夫婦間の問題がケイトを追い詰めたという報道がされていることについて、「ここ数か月は別居していた」と明かしながらも、2人に離婚をする意思はなく、問題を解決すべく取り組んでいたという。

 さらに一部メディアは、「あなたは悪くない」と記された娘あての遺書を残していたと伝えているが、実際には遺書について遺族は知らされておらず、「なぜこんな報道がされているのか愕然(がくぜん)としている」としている。

 世界各国に多数の店舗を構え、日本でも人気だったケイト・スペード。カラフルながらシンプル、機能性が高いデザインに女性たちは魅了された。

 世界中で愛されたブランド、ケイト・スペードは、創始者死去にあたり、公式ウェブサイトで哀悼メッセージを発表。才能あるデザイナーの死をこう悼んでいる。
“彼女がこの世界にもたらしてくれたすべての「美しいもの」を心から誇りに想います”

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>