6月14日より、いよいよ「FIFAワールドカップ ロシア」が開幕します。日本代表のメンバーも発表され、徐々にメディアもサッカー応援モードになりつつある今日この頃。日本代表の初戦は6月19日(21時キックオフ)コロンビアとの対戦ですが、その日の皆さんの予定はどんな感じでしょうか?

日本代表の試合のリアルタイム観戦、「したくない」人は約4割

「株式会社スペースマーケット」はワールドカップの日本代表戦に向け「スポーツ観戦に関する実態調査」を実施。「日本代表の試合をリアルタイムで観戦したいと思いますか?」と尋ねたところ、以下の結果となりました。

Q, 日本代表の試合をリアルタイムで観戦したいと思いますか?

とてもしたい……21.8%

まあまあしたい……38.7%

あまりしたくない……19.2%

全くしたくない……20.3%

「とてもしたい」「まあまあしたい」を合計すると60.5%。約6割がリアルタイムでの観戦を希望しています。初戦のコロンビア戦が開催される19日は平日ですが、21時キックオフなので比較的観戦しやすい時間帯。リアルタイムでみるにはかなり恵まれた条件です。にもかかわらず「あまりしたくない」「全くしたくない」も約4割いるのは本当にサッカーに興味がないのか、それともまだサッカー応援モードになっていないのか。はたまた土壇場の監督交代などで、気持ちが萎えてしまった人もいるのでしょうか?

渋谷のスクランブル交差点で大騒ぎする人はごく一部!

では「リアルタイムで観戦したい」人は、一体どこで観戦するのでしょうか?自宅?スポーツバー?それともまさか開催地の「ロシア」??リアルタイム観戦のシチュエーション調査の結果は以下の通りです。

Q,リアルタイム観戦はどこで楽しみたいですか?(複数回答)

1位 自宅

2位 スポーツバーや飲食店

3位 友人・知人宅

4位 大型パブリックビューイング会場

5位 貸切イベント会場やレンタルスペース

6位 現地(スタジアムや競技場)

7位 学校・会社

1位は「自宅」。同調査によると「リアルタイム観戦をしたい」という調査対象の521人のうち、337人が該当しているそうで、割合にすると64.6%が「自宅」派となります。ワールドカップの予選や本選となると試合終了後に渋谷のスクランブル交差点が大騒ぎとなるのがここ数年の傾向ですが、実際は自宅でひっそりと応援している人が大半なのです。

「試合をみながら叫ぶ」はみんなやっている!

さらに同調査では「スポーツ観戦するときに、ついしてしまうこと」についても質問。人は応援しているとつい熱くなりがちですが、皆さんどんなことをついやってしまうのか?結果は次の通りです。

スポーツ観戦するときに、ついしてしまうこと

1位 試合をみながら叫んでしまう

2位 テレビに話しかけてしまう

3位 周囲の人とハイタッチをする

4位 手を合わせて勝利を祈る

5位 いつもより多めに食べたり飲んだりしてしまう

6位 SNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)に投稿する

7位 友人・知人・家族にメッセージを送ったり電話したりする

8位 緊張する場面になると目をそらしてしまう

「試合をみながら叫んでしまう」「テレビに話しかけてしまう」はまさにスポーツ観戦の“あるある”!誰かと一緒に観戦しているとその想いを共有できるのでいいですが、一人で観戦していると、その熱い気持ちをぶつける場所がありません。そんな時に重宝するのが6位にある「SNSに投稿」。これもまさに現代版の“スポーツ観戦あるある”といえそうです。

サッカー好きなパートナーと一緒に観戦している時、熱くなりすぎて女性がドン引き、ということもサッカーあるあるです。

世界最大のスポーツといわれる、サッカーのワールドカップ。4年に1度のお祭りは、やはり楽しまないと損!とりあえず初戦の19日、みんなで応援しましょう!

【調査概要】
調査主体:株式会社スペースマーケット
調査期間:2018年5月25日〜5月28日
調査対象:全国のスペースマーケット会員859人
調査手法:webアンケート