―私、もしかして...?ー

結婚相談所に助けられながら、気が遠くなるほど壮絶な婚活を経て、晴れて結婚ゴールインを果たした女・杏子。

一風変わったファットで温和な夫・松本タケシ(マツタケ)と平和な結婚生活を送り、はや2年。

34歳になった彼女は、キャリアも美貌もさらに磨きがかかり、順風満帆な人生を歩む一方、心の隅に不妊の不安を抱えていた。

これは、女子会マウンティングにもめげず、辛い不妊治療に励む杏子を見守る、由香のエピソードである。




ーゆかさん、やっぱりもう一度、きちんと話せませんか?ー

何度もしつこいLINEと着信を目にすると、つい大きな溜息が出た。

結婚してもなお、ベッドの中以外では私を“さん”付けで呼ぶ年下の夫。そんな彼の律儀さを昔は愛しく思ったこともあったが、今となっては神経をピリッと刺激されるだけだ。

結局、カオルくんはただの猫かぶりで、その辺にゴロゴロいる浮ついた男たちと中身はそう変わらなかったのだから。

-実(みのる)くんが起きるから、夜に無駄に電話を鳴らすのはやめてください。そんなことも分からないんですねー

たかがLINEにいちいち反応するのも馬鹿らしかったが、二人で暮らした広尾のマンションの一室から一人で電話をかけているだろうカオルくんの姿を想像すると、彼をほんの少しでも傷つけてやりたくなった。

実家の母に完全に頼りきっているとはいえ、初めての育児でストレスが溜まり、私は心が歪んでいるのだ。

誤解はされたくないのだが、生まれてきた息子は信じられないほど可愛かったし、こんな私にも母性が溢れることには感動もした。

......だが正直、元々それほど子どもが欲しかったわけではなく、世間の母親が声高に訴えるように、子育ては物凄く大変なのだ。

そして、その疲労が形を変え、年下の浮気夫への強い恨みになるのは、もはや当然のことのように思っていた。


妊娠中の由香を襲った悲劇。年下夫の浮気の全貌が明らかになる...!


8歳も年下のクセに、完璧すぎた夫。その異変


私たちは、まさに典型的な“デキ婚”だった。

でも、カオルくんは相変わらず年上の私に優しく従順で、良き夫、良きパパになろうと努力をしているように見えた。

悪阻で寝込んだときはよく看病してくれたし、理由なくイライラしてしまうときも、私のギスギスと尖った気持ちを穏やかに吸収する才能もあった。

今のうちに二人の生活を楽しもうと、贅沢なレストランや旅行にも惜しみなく連れて行ってもくれた。

だが今思えば、あの頃のカオルくんは、年下のクセにちょっと完璧すぎた気がする。

予想外に私を妊娠させたことを申し訳なく思っているような節もあったのだろう。

-結婚したくない、子どもが欲しくない、というわけじゃないけど、少なくともしばらくは、ちょっと考えられないねー

なんてことを、お互いによく話していたから。

というのも、カオルくんはまだ27歳になったばかりで8歳も年下だったし、私は何と言っても一度結婚に失敗している。

そんな男女が安易に結婚したり、ましてや父母になるなんて、うまく想像ができなかったのだ。




だが、悪阻も収まり安定期に入ると、それまで自分に纏わりついていた不安や倦怠感も薄れ、私はすっかり幸せな妊婦へと変貌した。

病院のエコーで確認できる赤ちゃんは日に日に大きくヒトの形になっていったし、初めて胎動を感じたときは素直に感動した。

-ママになるのも、悪くないじゃない。

悩みと言えば体型が崩れ始めたことくらいだが、よくよく考えれば、私ももう34歳。高齢出産の一歩手前だ。

苦労せずに妊娠できたのもラッキーかもしれないし、どうせ“産む”ならば、きちんと子育てをしなければならない。そんな風に思うと、例えは変だが、突然新しい趣味ができたような高揚感があった。

私は早々に育児書を買い始めたり、友人の先輩ママたちの保育園やらプレスクール、お受験情報にまで耳を傾け始めた。

-やっぱり、どうせ都心に住むなら、麻布や広尾、番町エリアが子育てにいいみたい。特に麻布エリアは乳児のスクールも充実してるらしくて...。

カオルくんが「ウンウン」と従順に頷くのをいいことに、私は血眼で物件を探し、広尾のやや身の丈に合わない豪華なマンションに住まいを移した。

彼の稼ぎはかなり良い方ではあったが、私の決めた部屋の家賃には流石に驚いた様子を見せていた。

そして、思えば引越しの頃から、カオルくんは少し無口になっていたように思う。

言い訳するわけではないが、私は子育ての環境を整えようと必死だったのだ。多少の出費や労力は、親として当然払うべき犠牲と思っていた。

だが実際は、私は単に“赤ちゃんと自分”のことで頭がいっぱいになり、まだ若いカオルくんが父親になることにどれほどのプレッシャーを感じているか、全く考えもしなかった。

おかしいな、と気づいたのは、妊娠も後期に入ってしばらく経った頃だった。


百戦錬磨の女が、夫の異変に気づいたきっかけとは...?!


純朴少年の変貌


私がいわゆる“マタニティライフ”を満喫している間、カオルくんはやたらとスポーツジムに通うようになり、髪型も少し変わった。

生まれてくる赤ちゃんに夢中だった私は、そんな夫のちょっとした変化を大して気に留めることもなかったが、ある日、会社の後輩の女の子にこんなことを言われたのだ。

「由香さんのご主人、最近すごくカッコよくなりましたよね!やっぱり、夫婦って似るんですね。彼、最近由香さんみたいなモテオーラがある!」

彼女は決して悪気があってこんなことを言ったわけでなく、むしろ褒め言葉だったのだろう。

だが、しばらくカオルくんを“男”として見ていなかった私の目を覚まさせるには十分なセリフだった。

素材は悪くないが、真面目な純朴少年風で、派手な女遊びを好む獣のような男たちとは一線を画していたはずの年下の夫。

気づけば彼は、すっかり垢抜け、大人びた色気までちゃんと身につけた男になっていたのだ。

それは決して良き夫・良き父の姿ではなく、遊び盛りの20代の若者そのものだった。




それから、私がカオルくんの浮気を暴くまではあっという間だった。

何をしたかは敢えて伏せるが、ちょっとした証拠や証言を集めると、カオルくんは完全に“クロ”だった。

彼は元々真面目で正直なタイプだったから、うまく誘導質問すると簡単にボロが出て、すぐに自白をした。浮気を追求された経験もないのだろう。

「ゆかさん、本当にごめん。違うんだ、彼女とは深い仲ってわけではなくて...」

すべてがバレたとき、聞いてもいないのに相手の女との詳細をペラペラと涙ながらに話すカオルくんを目の当たりにすると、今度はひどく情けなくなった。

相手は“自称モデル”的な女だそうで、そんな女と刹那的なアバンチュールを楽しんだ男が自分の夫で、しかもその男の子どもを身籠っていると思うと、腹が立つというより自分に幻滅した。

―こんな男、もういらない。

私は結婚生活にも妊婦生活にも一気に興醒めし、すぐに都内の実家に戻ることにした。

二人の兄がいる末っ子の私に両親は甘かったし、シングルマザーになることへの恐れも薄かった。

だが、実際に子どもが産まれ、さらに杏子の不妊治療の話を聞くにつれ、私の気持ちは徐々に変化を遂げたのだ。


年下夫の浮気に、由香の下した意外な最終決断とは...?!


女の幸せ、家族の幸せ、子どもの幸せ


―本当に、ごめんなさい...。時間があるときに連絡をくださいー

私の意地悪なLINEに対してのカオルくんのショボくれた即返信を見ると、疲れた身体がさらにズシッと重くなるような自己嫌悪に襲われた。

他人への攻撃は、必ず自分ヘ返ってくる。

そんなことは昔から何度も学んでいるのに、どうして私は、母になってもなお成長しないのだろう。

本当は心の中で、カオルくんのことはもう許そうと決めているのに。

―杏子とは、大違いだわ...。

こんなときは、必ずと言っていいほど杏子の顔が頭に浮かぶ。

辛い不妊治療を経験し、スペックに嫉妬した女たちの嫌味にも耐え、他にも様々な困難や悲しい思いをしながらも、子どもを授かるために健気に頑張る杏子。

あの強さは、一体どこから湧いてくるのだろう。

「母は強し」なんて言葉があるが、実際に母になった私より、杏子の方がずっと立派だ。あるいは杏子は、治療を通して、すでに母親として成長したのかもしれない。

実際子どもを産んでいなくったって、妊娠するために努力したり子どもについて深く思案する時間が、きっと女をどんどん強くするのだ。




そして、杏子の治療の成功を自分のことのように望むと同時に、この夫婦の元にやってくる赤ちゃんは絶対に幸せだろうと確信した。

―じゃあ、実くんは...?

母親の独断で父親を失おうとしている息子は、果たして幸せだろうか?

「こんな男いらない」と思わず家を飛び出したとき、私の頭にあったのは家族の危機云々ではなく、女としてのプライドを傷つけられたという自己中心的な敗北感だけだったのだ。

実際、カオルくんはきちんと反省していると思う。出産には大急ぎで駆けつけてくれたし、何とか息子に会うため、邪険にされながらも何度も私の実家を訪れている。

それに、妻の妊娠中に夫が浮気をするというのは、正直よく聞く話だ。私が妊娠に夢中になる余り、夫婦関係が無くなったのも原因の一つだろう。

そんな男の性を理解はできるのに、絶対に許さないなどと意固地になったのは、それだけ私がカオルくんに無防備に心を開いていた証拠でもあるのだ。

「...もしもし?ゆかさん?!あの、俺...!」

息子がぐっすりと寝静まったタイミングで、私はカオルくんに電話をかけた。

「...明日、家に帰るから」

そう告げると、カオルくんは動物の鳴き声のような変な声を出した。

「その代わり、子育てにはちゃんと協力してください。お母さんのサポートがなくなるから、シッターさんなんかも使うと思うけど、よろしくね」

淡々と言いたいことだけ伝えると、電話の向こうで、彼の小さなすすり泣きが聞こえた気がした。浮気を白状したときと同じだ。

―まったく...。

またしても情けなさと苛立ちが胸に広がったが、私のような捻くれた母親に対して、情に脆い父親も必要だろう。

何だか理想とズレる気もするが、杏子の夫も他人に紹介するには少し勇気がいるほどかなり変な人だと言っていた。

―それに、やっぱり実くんはパパがいた方が幸せだよね。

そんな風に思うと、自然と笑みがこぼれた。

▶NEXT 最終回:明日更新予定!
杏子は無事妊娠できるのか...?藤木の正体、そして、新たに出会う意外な人物とは...?!