出典: https://www.shutterstock.com

親しき仲にも礼儀あり。どんなに仲良しでも、踏んではいけない地雷があるもの。あなたも何気なく送られてきたLINEを見て、「それはないでしょ?」とイラッとした経験があるのでは?

そこで今回は、20〜30代独身女性を対象に“LINE”に関するアンケートを実施! 心にグサッと刺さった“辛辣なLINEエピソード”を打ち明けてもらいましたよ。

 

■「ちゃんと勉強したことある?」

「高学歴のカレと付き合っていたとき、うっかり誤変換したLINEを送ったら“漢字が違うよ。〇〇ちゃんって今までにちゃんと勉強したことあるの?”と言われてカチンときた。あなたよりは下かもしれないけど、一応大卒なんですけどね……と返信してサヨナラした。」(28歳/営業事務)

仕事がデキる高学歴なカレは、どこか人を見下しがち。ちょっとした入力ミスを取り上げて「何それ?」「勉強したことある?」と指摘してくる嫌なタイプもいるようです。

「面白い変換になっているよ」「〇〇って何だよー」とノリ良く返してくれたらサラッと受け流せるものですが、こんなに鋭く嫌味を言われたら……ブロック確定ですね。

 

■「そんなに好きじゃなかった」

「付き合ってから1カ月経った頃。突然カレから送られてきた別れ話を受け止められなくて“どうして?” “何が原因?”と問いただしていたら“そんなに好きじゃなかったから”と言われた。好きじゃないならキスやエッチするなよ!」(27歳/秘書)

別れ話を切り出されて凹んでいるところに、追い打ちをかけるように届いた辛辣LINE。キスやエッチを済ませておいて「そんなに好きじゃなかった」「やっぱり好きになれなかった」では済まされませんよね。

恋愛は実際に付き合ってみないと分からないものですが、ここまで正直に打ち明けられると反応に困ってしまうもの。この女性もあまりのショックに“サヨウナラ”と一言LINEしてブロックしたそうです。

 

■「それで?」「何が問題なの?」

「仕事であったショッキングな話をカレにLINEしていたら、“えっ?それで?”とオチを求めてきた。もともと空気を読まないタイプだとは知っていたけど、ここまで人の気持ちに寄り添えない人とはこの先一緒にいられないと思った。」(29歳/メーカー)

仕事でミスして落ち込んだとき、ネガティブな気持ちになっているとき。好きな男性に「大変だったね」と話を聞いてもらうだけで心がスーッと楽になりますよね。

でも、それを逆なでするように「それで?」「何が問題だったの?」と辛辣なLINEを返してくる男性もいるようです。確かに結婚を考えるほど真剣にお付き合いしている相手から送られてきたら、“やめておこう”と思いとどまってしまうかも……。

 

恋する乙女心をえぐるような辛辣なLINE。たとえ今回のショックが小さくても、一度「おかしいな」と思った相手とは本当の意味で深く交わることはできません。

近い将来「やっぱりあのとき別れておけばよかった」と後悔することのないように、思い切ってブロックする潔さも必要ですよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ Asier Romero/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】