出典: https://www.shutterstock.com/

彼氏が仕事で忙しい状態になると、なかなか会う時間が取れなくなったりもするでしょう。

でも、そんなときにも不満を漏らすばかりではなく、彼氏の心をつかんでおくことができれば、いつまでも一緒にいたい存在になれるはずです。

そこで今回は、“忙しい彼氏”の心をちゃんとつかんでおくコツを紹介します。

 

■無理な「ワガママ」は言わない

彼氏が忙しくてふたりの時間をあまり持てなくなると、不安や不満が溜まっていくことでしょう。

でもだからといって、そこでワガママを言っても彼氏もどうすることができないでしょうし、余計な負担を増やしてしまうだけ。

しかも、「今すぐ会いにきて」とか「時間を作ってくれなきゃ別れる」なんて無理なワガママを言うと、彼氏は本当に重荷に感じるはずです。

「その仕事が終わったら美味しいものご馳走してもらうからね」なんて可愛いワガママなら彼氏もキュンとするでしょうし、待ってくれていることに感謝だってしてくれるかもしれません。

 

■ちゃんと「気遣いの言葉」はかける

「忙しいのに邪魔をしたくない」という考えを持つことはとても素晴らしいですし、大きなやさしさを彼氏も感じるはず。とはいえ、彼女から全く連絡が来なくなると、それはそれでやはり寂しいものです。

ですので、「無理しすぎないでね」とか「睡眠はちゃんと取ってね」といった気遣いの電話やLINEは適度に送ってあげた方がいいでしょう。

ただ、そこで無駄に長話をしたりすると本末転倒になるので、早めに切り上げるよう意識することが大切ですよ。

 

■自分も「忙しくする」

彼氏が忙しいときにはふたりの時間も失われていくので、不満を抱えて悶々とした時間を過ごしがち。

でも、そうやってどんどんネガティブな思考になっていってしまうと、魅力的ではなくなっていくし、ふたりの関係性も悪化していくことでしょう。

そんなときは、ジッと彼氏のことを考えているばかりではなく、あなたも色んな予定を入れて忙しくすると、ひとりで悶々とする時間も減っていくはず。自分と一緒にいないときでも、ちゃんと充実した日々を送っている彼女の方が、彼氏も「早く会いたい」という気持ちになるものですよ。

 

■会えるのを「楽しみにする」

仕事が忙しくてなかなか会えないときに、「会いたい会いたい」と彼女から悲痛の思いを聞かされ続けたら、さすがに彼氏もゲンナリするはず。

その気持ちは彼氏も痛いほどわかってはいるのですが、どうにもできないことをわかってほしいという思いにもなるでしょう。

「会いたい」という自分の願望をぶつけまくるのではなく、「会える日が楽しみ」とか「早く週末になってほしいな」といった言い方ができると、彼氏は確実に心がつかまれます。

仕事の忙しさにちゃんと理解を示してくれていることに、とても大きな愛情や信頼を感じるものですよ。

 

男性にとって仕事は何よりも大事なもの。だからこそ、忙しいときにそれを理解してくれなかったり、邪魔になったりするような行動を取る彼女のことは、鬱陶しく感じるはずです。

それでは交際を続けることも難しくなってしまいますので、時には自分の欲求をグッと抑え、程よく甘えながら、忙しい彼氏の心をしっかりつかんでくださいね。

【画像】

※ Forewer/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】