たった5分、顔のコリを取って老廃物を流すだけで、痩せたわけでもないのにマイナス5kgにも見えるという、ヘア&メイク・小田切ヒロさん考案の“美肌小顔”メソッド。ここではそのなかから「ほぐす」「集める」という2つのメソッドをご紹介!

ほぐす:老廃物を排出する道を作る。

顔のマッサージ前に行うのが、ワキや首、鎖骨をほぐすマッサージ。「これは老廃物を流す道筋を作るための大切なプロセス。老廃物を流す時は、いったん耳の下や鎖骨にあるポケット、いわゆる“関門”に溜め、そこから最終的にワキにある大きなリンパ節、いわゆる排水口に流します。だからワキや首筋、耳の周りをほぐしておき、老廃物をスムーズに流し、捨てる道筋を作る必要があるんです」。このプロセスは、排出のための準備段階。この「ほぐす」メソッドを行うだけでも、顔まわりはかなりすっきり。

【1】ワキ〜首:親指以外の4本の指をワキの下に入れ、触ってゴリゴリする場所(リンパ節)を指でえぐるように揉みほぐす。

【2】中指と薬指でワキから鎖骨への線上を、指先で押し回しながらほぐし、最後に2本の指で鎖骨を引っ掛けるようくぼみを押す。

【3】人さし指と親指の腹で首の筋を下から上へと揉みほぐす。耳の下までしっかりと。【1】〜【3】の工程を左右ともに行う。

【4】頭皮と耳:目元、口元、頬、フェイスラインにつながる側頭筋と呼ばれる筋肉をほぐす。親指以外の4本の指を生え際から後方に動かす。

【5】耳の周りも老廃物を流す関門。親指と人さし指で耳の中央部をつかみ、グルグルと回す。後ろ回し、前回しを各5回。

【6】人さし指と中指でVの字を作り、耳の下、横、上の3か所を指の腹で押す。ぐりぐりと小刻みに回しながらほぐす。

集める:顔を大きくする老廃物を首元に集める。

さて、いよいよ本格的に老廃物を集めるメソッド。「顔全体にオイルやお気に入りの化粧品を塗って、摩擦を起こさないように。最初はおでこの前頭筋と眉まわりの老廃物をこめかみに集めます。たるみによって目元が下がる、おでこにシワがある人は、このプロセスをしっかり」。そして面積が広い頬は「目の下と口角の下が同じ厚みでつまめることが理想。頬や口元の老廃物を耳の下に集め、「ほぐす」メソッドで作った道を通して鎖骨ポケットに流すことで、老けた印象に見えるほうれい線やマリオネットラインが防げます」

【1】おでこ:人さし指、中指、薬指の3本で、額の中央黒目の上眉尻の上と、外側に向かって押して、老廃物を流していく。

【2】指がこめかみまできたら、流した老廃物を集めるように、中指と薬指の腹でキュッと押す。【1】〜【2】を5回ほど繰り返す。

【3】【6】【13】こめかみを押した指を上の写真の矢印(道)に沿って下ろし、鎖骨ポケットへと老廃物を流す。「おでこ」「眉」「口まわり」の最後は、必ずここに老廃物を流して。

【4】眉:人さし指と中指で眉を挟み、眉頭から眉尻へと小刻みに動かしながら、心地いいと感じる圧をかける。

【5】【2】と同じくこめかみに老廃物を集め、キュッと指で押す。皮膚を引っ張らずに押しながら集める。【4】と【5】を5回繰り返し【6】へ。

【7】頬:親指と人さし指で頬の表面を小さくつまみながらほぐす。上の写真のゾーンが柔らかければ“顔コリ”がなく、笑顔も自然に。

【8】小鼻のくぼみから頬骨のラインに沿って、人さし指の第二関節でぐりぐりと押しながら外側へ。ほうれい線を防ぐ。

【9】奥歯の噛み合わせの位置には咬筋がある。手をグーにして第二関節でここを上の写真の矢印のように回してほぐす。下ぶくれ顔の防止に。

【10】口まわり:舌の先で歯茎をマッサージするかのように、口の内側をぐるりと回す。逆回しも。口輪筋に弾力を与え、老けて見えない口元に。

【11】口角からあごにかけてのマリオネットラインに沿って、中指と薬指を小さく回し押しながらほぐす。5回ぐらい繰り返す。

【12】親指と人さし指でLの形を作り、鼻の脇から耳の前まで、Lの部分でアイロンをかけるように老廃物を流してまとめる。

小田切ヒロさん(写真左) 数多くの雑誌、広告、タレント、女優のヘアメイクの他、トークショー、メイクショーへの出演など、幅広く活躍。著書『大人のキレイの新ルール 捨てる美容』が好評発売中。

モデル・ワンピース¥87,000(ローズアンナ/アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店 TEL:03・5366・5425)

※『anan』2018年6月13日号より。写真・古谷利幸(F‐REXon) ヘア&メイク・小田切ヒロ(LA DONNA) スタイリスト・仮屋薗寛子 モデル・土屋巴瑞季 取材、文・今井 恵

(by anan編集部)