美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第25回目は、スキンケアアドバイザーの視点から、大人ニキビの対策について考えます。

大人になってもできるニキビって、どうしたら良いの……!?

【ちょこっと美容マメ知識】vol. 25

アラサーになっても “ニキビ” ができるのは、なぜ!? と悩んだ経験はありませんか? 思春期にできるニキビは若気の至りかな〜なんて思えても、大人になってからできるニキビは跡になりやすく長引くため、気をつけたいところです。

おまけに、メイクで隠そうとしても大きなニキビができていると、ファンデーションのノリが悪かったり赤ら顔に見えてしまったりと調子が上がらないもの。そこで今回は、長引きがちな大人ニキビについて原因と対処方法をご紹介したいと思います!

脂っぽいからニキビができるんじゃないの?

ニキビのイメージというと、「皮脂が多い=アクネ菌が繁殖」があげられるのではないでしょうか? 実は、皮脂の過剰分泌からできるのは、思春期ニキビの特徴です。

洗浄成分の強い洗顔料でゴシゴシと洗い流したり、鼻やおでこがテカテカと光りだした日中に、慌ててあぶらとり紙で皮脂吸収したり……という対処方法は、残念ながら大人ニキビとはあまり関係性がありません。

大人ニキビができるのは、思春期ニキビとは真逆の「乾燥肌」が原因といわれています。そして、年齢を重ねるにつれて肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー)が遅くなり、本来なら剥がれていくはずの古い角層が残ってごわつく硬いお肌になることで、大人ニキビができやすい状態になってしまいます。皮脂を洗浄することより、保湿をたっぷり行うことがポイントですよ。

Pointちょこっと美容マメ知識乾燥肌は、バリア機能が低下してしまう!

細かくて小さなニキビが口周りに発生!

乾燥肌にプラスして、「口もとから下」にできやすいことも大人ニキビの特徴。思春期ニキビのできる場所は、皮脂が主な原因なので頬やおでこなど目立つ部分にできますが、大人ニキビは口周りや顎、首など顔の下半分に細かくプツプツと集中するケースが多いです。

原因としては、決まった時間に睡眠が取れなかったり食事が偏ってしまったりと、社会人ならではの生活習慣からくるものが大きいため、すぐに改善ができないところが難点だと思います。

夜勤や不規則な仕事スタイルなどで、いきなり180度生活習慣を変えることが現実的でない場合は、「週末は野菜メインで自炊」「残業がない日は、ゆっくり寝る」などマイルールを決めるところから始めてみても良いですね。

Pointちょこっと美容マメ知識頬杖の癖も注意! 口周りや顎に手が触れるので不衛生です!

スキンケアも、生活習慣も気にしているのに……。

最後は、スキンケアも生活習慣も整えているのに、なぜかできてしまう時があります。女性は生理前のPMS時期にお肌が揺らぐことがあるので、ホルモンバランスの影響も考えられますが、それを除くと「血行不良」からくることも多いのが大人ニキビです。

顔や首筋、足のつけ根などにリンパが多く存在しますが、長時間の座り仕事や運動不足が続くと老廃物が滞り、ニキビとして現れることがあります。お風呂に入りながら、洗顔をしながら、など「ながら美容」で良いので、リンパをマッサージして血行を良くしてみてください。

Pointちょこっと美容マメ知識血行促進は、むくみと美肌の味方!

大人ニキビは、生活に密着しているため、長期戦で色素沈着もしやすいのが不安要素。鏡で顎の下や首元をチェックしながら、ぜひ身体と相談してみてはいかがでしょう。忙しく流れる毎日に、休息時間を取り入れてみてくださいね

©metamorworks/Gettyimages©BraunS/Gettyimages©CoffeeAndMilk/Gettyimages