最後は地力の差が出てしまったか……。最終戦まで優勝の行方がわからなかった東都1部リーグは、東洋大が亜細亜大に9-0と大勝してリーグ戦3連覇を達成した。2位となった国学院大は2010年の秋以来の優勝こそならなかったが、2年生のショート・小川龍成が満票を獲得するなど、3人がベストナインに選出された。

 またエースとしてチームを引っ張った清水昇(のぼる/4年)は、3勝(2完封)、防御率1.75と抜群の安定感をみせ、最優秀防御率のタイトルを手にした。


春のリーグ戦で最優秀防御率のタイトルを獲得した国学院大の清水昇

 今年1月、まだ本格的な練習が始まる前、清水と話をする機会があった。そのとき、今年にかける決意をこう口にしていた。

「今年は最後の1年。なんとしてもタイトルを獲りたい。獲れるだけの自信はあります」

 清水といえば、しっかり試合をつくれる投手、バットの芯を外す投球ができる、MAX150キロのストレートに抜群のツーシーム……など、多くの評価を耳にする。

 その一方で、全国大会に出場したのは中学時代に一度だけ。帝京高校の3年間は、一度も甲子園の土を踏めなかった。大学進学以降も全国大会とは無縁。さらに、個人タイトルも獲ったことがなかった。だからこそタイトルを獲って、それにふさわしい投手であると証明したかった。

 清水は、野球の基礎を帝京の前田三夫監督から徹底的に教わった。

「帝京のグラウンドに行くと、今でも高校時代の記憶が鮮明によみがえってきます。やるべきことが多くて大変でしたが、やめようと思ったことは一度もありません。ただ1回だけ、心が折れそうになったときがありました。

 ある試合で、あまりにも不甲斐ないピッチングをして、前田監督から『お前は歴代のエースのなかで、もっともエースナンバーが似合わない』と。ショックでした。うつろな目で帰宅しても何もしゃべらない僕を見て、両親が本気で心配していました。でも、前田監督は挽回するチャンスを必ず与えてくれる。そうやって何度も落とされ、はい上がりながら甲子園を目指した3年間でした」

 高校時代の3年間で、清水が学んだことのひとつにツーシームがある。DeNAの守護神であり、帝京OBでもある山粼康晃から直接教わった。高校2年の夏、当時、亜細亜大3年だった山粼が日米大学野球の日本代表に選ばれ、前田監督に報告に来たときだった。

「山粼さんの活躍はもちろん知っていましたし、当時から憧れの先輩でした。練習中、山粼さんが監督のところにいるなと思っていたら、いきなり前田監督に呼ばれて『清水、山粼に変化球教わってこい!』と。もう『よろしくお願いします!』って、走っていきました(笑)」

 思わぬタイミングで憧れの先輩から直接指導を受けることになったが、さすがにすぐにマスターできるボールではなかった。

「身振り手振り、わかりやすく教えていただいたのですが、なかなか思うような軌道にならなくて……。チェンジアップのような感じにしかならず、高校野球だと金属バットでちょこんと合わせられてヒットになってしまうんです。だから、公式戦では使えませんでした」

 高校時代の清水はフォークに自信があった。フォークを投げれば空振りを奪えた。高校3年の夏、東東京都大会決勝で延長戦の末に二松学舎大付に敗れて清水の高校野球は終わるが、最後までツーシームを投げることはなかった。

 そんな清水が本格的にツーシームに取り組むようになったのは、国学院大に入学してからだ。1年春のリーグ戦を終え、秋のリーグに向けて動き始めたある日、社会人チームを相手に清水はマウンドに上がった。ここで大きな壁が目の前に立ちはだかった。

「高校時代に空振りを奪えていたフォークが簡単にファウルにされてしまうんです。このままでは大学野球では通用しないと宣告されたような気分でした。何かを大きく変えないと生き残れない。悩み抜いた末、山粼さんに教わったツーシームに活路を求めました。もちろん中途半端な取り組みでは通用しないと思って、これまで頼りにしてきたフォークを捨てるくらいの気持ちでツーシームと向き合いました」

 時間はかかったものの、少しずつイメージに近い軌道で投げられるようになった。1年秋のリーグ戦から使い始め、2年春には先発を任されるようになった。そして秋には完封を含む4勝をマークした。

 3年春は右足甲の痛みでベンチから離れ、復帰は秋までずれ込んだ。それでも復帰戦となった東洋大戦で完封勝利。完全復活を印象づけた。

 そして4年春、優勝こそ果たせなかったが、念願のタイトルを獲得。エースにふさわしい結果を残した。

 清水は山粼への憧れや慕う気持ちを隠さない。理由は、投手としての実力だけではない。

「去年の僕の誕生日に山粼さんから連絡をいただいたんです。それだけでもありがたいのですが、その日はクライマックスシリーズの真っ最中で、ちょうど甲子園球場で雨の中、泥まみれになって戦った日だったんです。そんな大変なときに後輩にまで気を遣ってくれるのが山粼さんです。ファンを大切にしていることで有名ですが、そういうところは本当に尊敬します」

 子どもの頃から、夢はプロ野球選手になることだった。山粼だけでなく、帝京や国学院大の先輩たちがプロで活躍している姿を見て、思うところはある。

「去年の日本シリーズ第6戦の9回裏、山粼さんがソフトバンクの内川(聖一)さんに同点ホームランを打たれたシーンを記憶している人は多いと思います。でも僕は、その次のバッターだった中村晃さんとの対戦の方が気になりました。

 中村さんと山粼さんは入れ替わりですが、2人とも帝京OB。結果は、山粼さんが三振に打ち取ったのですが、1球で地獄を見たあと、瞬時に切り替えて中村さんとの勝負に集中していました。僕にとっては身近な先輩ですが、戦っている世界はとても遠い。でも、その空間でいつか真剣勝負をしたいです」

 清水にとってこの春のリーグ戦の結果は、大きな自信になったに違いない。その一方で、新たな課題も見つけているはずだ。プロの世界で先輩たちと戦うことを夢見て、最後のシーズンに向けて早くも動き始めた。

◆クビ寸前から虎の大エースへ。メッセンジャーを変えた「ジョーの助言」>>

◆山本昌がセンバツ投手11人を鑑定。「プロでもやれる」と驚くのは?>>