そもそも男性は、LINEでダラダラとどうでもいいような話をしたりするのが、あまり好きではありません。

にもかかわらず、どう返信すればいいのかわからないようなLINEが送られてくることが多いと、その女性の印象自体もかなり悪くなってしまうでしょう。

そこで今回は、女子から送られてくる「返信に困るLINE」を紹介します。

■「日記」のような内容である

「今から渋谷で買い物だよ」とか「今日はハンバーグを食べたよ」などと、日記のようなLINEを送られても、「そうなんだ」としか言いようがありません。
こんなLINEが頻繁に送られてきたら、さすがに男性も鬱陶しくて仕方がなくなるでしょう。

しかも、彼女でもない女性からこんなただの報告LINEがきたら、ちょっと怖さだって感じるかも。
「重い女」という印象にもなるので、恋愛対象からは確実に外されてしまいますよ。

■「知らない人」の話をする

職場の上司や同僚、会ったこともない友人や知人など、自分が全く知らない人の話を長々とされても、対応のしようがありません。
ただ話を聞いていることしかできないので、返信が必要なLINEではかなり困る話題でしょう。

また、知らない人の話ばかりをされると、男性からは自分のことしか考えていない女性のようにも見られるかも。
ふたりで楽しめるような話題にしないと、あなたとのLINEは楽しくないと思われてしまいますよ。

■「自虐」が激しすぎる

「どうせ私なんてブスなんで」とか「私なんか誰も相手にしてくれないから」などと自虐が激しすぎると、さすがに男性もどう返せばいいかわかりません。
笑えるような自虐であればいいですが、重い感じがする自虐だと、いい印象も持ってもらえなくなるでしょう。

ネガティブが強すぎると、「付き合ったりしたら大変そうだな」なんて思われたりもするかも。
また、「そんなことないよ」と言ってほしいだけのように見えたりもするので、どっちにしてもあまりいい方向には進まないはずですよ。

■「愚痴」のオンパレードである

嫌なことがあったときには、愚痴をこぼしたくなったりもするでしょう。
でも、愚痴のオンパレードのようなLINEが送られてきたら、下手な返信もできないので、延々と聞かされているしかありません。

相談という形であればまだいいですが、本当にただの愚痴だけだったりしたら、男性は聞いているだけで嫌な気分にもなるはず。
愚痴をこぼしてはいけないわけではないですが、誰かの悪口ばかりになると、「性格が悪い」と思われることにもなりかねませんよ。

おわりに

返信に困るLINEが送られてくると、男性は鬱陶しさやイラ立ちを激しく感じます。そんなLINEばかりを送ってしまうと、いずれは既読無視をされたり、実際にも敬遠されたりするようにもなりかねませんよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)