カメラは買う時代から定額レンタルで使い放題の時代になる? 撮影ドローンまで借りられる「GooPass」

写真拡大 (全2枚)

スマホなどが毎月、定額料金で使い放題であるように、今後は、カメラも購入しなくても毎月使い放題できる時代になるのかもしれない。
カメラブは、月額の定額料金でカメラやレンズが借り放題になるサービス「GooPass(グーパス)」を、フォトグラファーやインスタグラマー向けに展開すると発表した。

「GooPass」は、
・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・アクションカメラ
・ドローン
など撮影機材に特化したレンタルサービスだ。


3種類のプランを用意


利用料金は、
・ライトプラン…月額5,800円(税別)
・スタンダードプラン…月額9,800円(税別)
・プレミアムプラン…月額17,800円(税別)
の3種類。
いずれも、レンタル回数の制限はなく、不慮の事故による機材補償制度がある。

レンタル製品のラインアップは、ボディからレンズ、アクションカメラやドローンまで幅広い。
取り扱うメーカーも
【カメラ本体・交換レンズ】
・キヤノン
・ニコン
・ソニー
・オリンパス
・パナソニック
・富士フイルム
・ペンタックス

【交換レンズ】
・タムロン
・シグマ
となっている。

アクションカメラカテゴリには、
・GoPro HERO5
・GoPro HERO6
・GoPro Fusion
のほかにも
・RICOH THETA S
・RICOH THETA SC
・RICOH THETA V
がラインアップされている。

ドローンは、
・Parrot ドローン Mambo
・Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
の2モデルをラインアップしている。


・プレミアムプラン(月額17,800円)では、これらすべての製品を対象にレンタルすることが可能。
・スタンダードプラン(月額9,800円)では、ハイエンド以外の製品を対象に、
・ライトプラン(月額5,800円)では、エントリーモデルのカメラ本体や交換レンズを対象にレンタルできる。

同社は「GooPass」を通じて、敷居が高い撮影機材を「購入」するだけでなく「借りる」という新しい選択肢を提案し、撮影体験の機会を創出しながら、カメラの文化を育んでいきたいとしている。

なお、「GooPass」は現在、事前登録を受け付けている。サービス開始後、正式申込みをし、レンタルの利用をした時点で料金が発生するという。

1アカウントにつき、1つの商品のレンタルを想定しているとのことで、返却後は別の機材のレンタルが可能。

先行登録サイト|月額5,800円から始める カメラ機材の使い放題「GooPass(グーパス)」


2106bpm