ユニクロの「絶対買うべきパンツ」3つ。キレイめなのに楽チン♪

写真拡大

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。

 蒸し暑くなってくると、パンツスタイルが億劫になりますよね。でも、今シーズンのユニクロのパンツは優秀。快適で穿いてる感がなく、キレイ目でオン・オフどちらにも使えて、これから活躍してくれること間違いなしなんです!

 なかでもオススメの3アイテムを紹介します。

◆キレイめなのに、レギンスのような穿き心地
●ポンチスティックスリムパンツ 1990円(税別)

 ウエストがゴム仕様でレギンスのような穿き心地ながら、センタープレスが入っているのでキレイめ感があります。股上が深めなので、しゃがんだ時にパンツが見える心配がないのもうれしいですね。

 形はストレートで足全体のラインを拾い過ぎないので、スッキリとした下半身を演出してくれます。くるぶしを見せる丈で穿くのがスタイルアップする秘訣です。

◆ロング丈、アンクル丈、クロップ丈から選べる
●ドライストレッチクロップドパンツ 2990円(税別)

 今回ご紹介する中では一番穿き心地がしっかりしていて、一番固く感じると思います。でも、一般的なパンツに比べれば格段にストレッチ感があります。

 オフィスにもぴったりな高見え感もさることながら、ロング丈、アンクル丈、クロップ丈と選べるレングスの長さが魅力です。

 特に小柄な人は、どんなに形がキレイなボトムスでもレングスが長すぎて足首にパンツの裾が無駄に溜まった状態になることでかえって短足に見えがちなのでおすすめです。こちらもスタイルアップを狙うなら足首を見せて軽さを出すとよいでしょう。

◆ストレッチパンツの「垂れ尻問題」を解決
●ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ 1990円(税別)

「スポーツウエアなんてカジュアル過ぎて普段使いなんて無理!」と思っている方にこそおすすめなのが、こちらのストレッチパンツ。

 まず、「ウルトラストレッチ」の名にふさわしく、穿いてる感がない! そしてこの手のものはお尻にゆとりがあるため垂れ尻に見えることが多いのですが、ヒップ下の緩さがないのでヒップまわりもスッキリ。

 キレイめに見せたい時は、足首のリブを内側に一度織り込んであげるのがポイント。パンプスも合わせやすくなります。

 表面がサラッとしているのでわざとリブを出してカジュアル感を出してもスウェットパンツようなパジャマ感はなく、スニーカーで合わせてもかっこよくキマりますよ。

 ただ、速乾性に優れたドライラインなので生地が薄め。下着のラインが出やすいので注意してください。でも……これは下着に気を使ってまで履く価値あり!

===

 これからの季節、パンツ選びは快適が一番。ぜひ参考にしてみてください。

<TEXT/kusuma>
【kusuma】
某有名アパレルショップ店員。女性の体形カバーを意識したコーディネートを提案。現在、食やダイエットについて学びながら、内面からの美のサポートも目指している。instagram:@KUSUMA1116