鮮烈デビューを果たしたモデルのKoki,(『エル・ジャポン7月号』より。撮影/操上和美

写真拡大

 木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女であるKoki,(コウキ、15才)が5月28日発売の雑誌『エル・ジャポン』7月号の表紙を飾り、モデルデビューを果たした。

 2001年に長女(17才)、2003年にKoki,が生まれてから、木村家は日本一注目を集める家族だった。美人姉妹と噂される一方で、父と母は徹底して2人のプライベートを守ってきた。

「今回モデルデビューと聞いて、正直どっちかなと思いました。長女もとにかく美人です。どちらかというと長女が木村さん、次女が静香さん似でしょうか。ファッションも長女が木村さん系で、Koki,ちゃんは静香さん風のロック調を着こなしているイメージがあります。これだけの美人すぎる姉妹なので、芸能界からは何度も声がかかっていたようですが、今までテレビや雑誌に出なかったのも、本人たちが自分で自分のことを決められる年齢になるまでは、と静香さんは一切受けなかったようです」(木村家の知人)

 2人の姉妹は両親が芸能界という影響が極力及ばず、「世界で通用する人に育ってほしい」ということから、インターナショナルスクールに通ってきた。

「幼少期からインターナショナルスクールに通っていたのですが、そこは、イギリスのナショナル・カリキュラムに則った教育が行われています。生徒は英語を学ぶのではなく、英語でイギリス式の礼儀作法やマナー、芸術、教養を学びます。英語はもちろん、小学生の頃から簡単な会話をフランス語でも交わしていましたね」(芸能関係者)

 フルート、ピアノ、バイオリンなど音楽を習う一方で、絵画に触れるなど芸術にもなじんできた。

「数年前にはフルートのあるコンクールで長女が最優秀賞、次女が優秀賞を受賞しました。旅行に行くときも楽器は必ず持っていきますし、やるとなったらお遊びではなくキチンとやる。まだ幼いのに意志がはっきりしていてすごいと思いましたね。長女はフルート奏者を目指して今、音楽系の学校へ通っていますが、それも本人が探してきて“どうしても行きたい”と静香さんを説得したそうですから」(前出・知人)

 敷かれたレールを歩むのではなく着実にわが道を歩んでいく娘たち。木村家の子育てルールでまず大切なのは「礼儀」だったという。

◆木村家のルールが伝わった

「正直、なかなか子育てしづらい環境の中、静香さんがいちばん大切にしていたのは礼儀。とにかく人に対して感謝をすること。特別扱いされることに慣れてはいけないと、ものすごく気を使っていました。長女が夏休みなどにアパレルショップにインターンとして働いていたのもその一環でしょう。

 いつも、口癖のように“人は人、自分は自分”“人まねではなく自分のやりたいことを見つけなさい”と2人に伝えていましたね。お年頃ですから、自分たちの両親の話をネットなどニュースで見ることもあるでしょうけど、ちゃんと自分の目で耳で見聞きしたものを信じる強さがあります。そういう意味では最近の日本の女子高校生からすると珍しいタイプかもしれません」(前出・芸能関係者)

 年頃の姉妹だが、木村家は家族で出かけることが多い。今年の春先、静香が友人とランチをするときも長女は同行。犬の散歩も2人の娘はよく連れ添い、『エル・ジャポン』発売の数日前にも静香とKoki,はカフェでティータイムを楽しんでいた。父と娘で出かけることも多い。

「姉妹はもちろんけんかすることもありますが、学年が1つ違いで親友という感じです。中学生のときにKoki,ちゃんが背を追い越して以来、お姉ちゃんに間違われることもあるとか。お互いなりたいものは違いますが、いい刺激を受けているようです。Koki,ちゃんはモデル活動のほかに作曲家としても活躍していて、静香さんの30周年アルバムの『鋼の森』と『かすみ草』などのほかに、中島美嘉さん(35才)にも楽曲を提供していますが、音楽の話も姉妹でよくするようですよ」(音楽業界関係者)

 モデル・Koki,は『エル・ジャポン』でこう語った。

《人は人、自分は自分。誰かと比べることなく自分を信じる強さと、長所と短所をしっかりと見つめて前に進むことの大切さ。それを教えてくれた両親が私の誇りです》

 木村家のルールは、しっかり子供たちに伝わっている。

※女性セブン2018年6月14日号