出典: ttps://www.shutterstock.com/

都合のいい存在だと分かっているけれど、なぜか惹かれてしまう彼女持ちのカレ。心のどこかで「いつか私の番が来る」「彼女と別れるかもしれない」と期待してしまうものですよね。

でも、なかなか振り向いてもらえないと思っている人もいるのでは? その理由は、もしかするとあなたのLINEに原因があるかもしれません。

そこで、20〜30代独身男性を対象に“セカンド女”に関するアンケートを実施! 思わず「それはないわ」とドン引きしてしまった“セカンド女からの勘違いLINE”をピックアップしてみましたよ。

 

■「私の1番になってもいいよ」

「お互い彼氏・彼女持ちだったけど、何か惹かれるものがあって繋がっていた。でも、それはあくまでも本命の埋め合わせ。彼女から“彼氏と別れて、私の1番になってもいいよ”と上から目線で言われたとき、勘違いするなと怒りがこみ上げてきた。」(27歳/金融)

男性にとってセカンドは都合のいい女。本命の彼女に会えなくて寂しいとき、エッチな気分のとき、わがままな欲望を満たしてくれる存在だといいます。

だから彼女から「私の1番になってもいいよ」「本気になってもいいよ」なんて上から目線で言われるとイラッとするんだとか。ちなみにこの男性はセカンド女のLINEがきっかけで「ごめん。1番はやっぱり彼女だから」と別れを告げたそうです。

 

■「〇〇くんにアプローチされちゃった」

「俺の気持ちを試そうとしたのかな?“昨日の夜、共通の友人B君にアプローチされちゃった。どうしよう”と恋愛相談されて面倒だったから、“よかったじゃん!付き合っちゃえば?”と返信してやった。だってセカンドと別れるのに絶好の機会でしょ。」(28歳/メーカー)

本命の座を狙ってカレの気持ちを確かめようとしても無駄! 他の男の存在をチラつかせても、「付き合っちゃいなよ」「よかったね」と期待外れの返信が送られてくるのがオチですよ。

セカンド女を作るような男性は、面倒なトラブルに巻き込まれることを極度に嫌います。恋愛相談を持ち掛けて、「終わりにするのにちょうどいい機会」だと思われないようにご注意を……。

 

■「おはよう」「おやすみ」「ご飯食べた?」

「朝から“おはよう”“いってらっしゃいっ”てLINEしてくるセカンド女。初めは可愛いなと思っていたけど、次第に彼女気どりのLINEが鬱陶しくなってきて“ごめん。やっぱり終わりにしよう”と別れを告げた。」(26歳/IT)

恋人同士なら許されるLINEも、セカンド女がやると「鬱陶しい」「しつこい」「彼女気どりするな」と思ってしまいがち。男性たちはすぐに別れを意識するといいます。

LINEでのやりとりは必要最低限に留めておくべし! 大切な話があるときは、LINEではなく直接会って話すのがベストですよ。

 

セカンド女から本命彼女への道のりはかなり険しいもの。今回ご紹介したような恋の駆け引きや、恋人同士のような勘違いLINEは絶対に通用しません。でも、どんなカタチであっても、あなたにカレのハートを射止める魅力があるのは確かです。もっと素直な気持ちでカレと向き合えば、真剣な想いが伝わるかもしれませんよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ GaudiLab/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】