東京ドームシティのお化け屋敷「怨霊座敷」“恐怖度倍増”パワーアップ、無防備な足元を怨念が襲う

写真拡大

東京ドームシティ アトラクションズは、2018年春にオープンしたお化け屋敷「怨霊座敷」をパワーアップした夏の特別演出「超・ 怨霊座敷」を開催する。期間は、 2018年7月14日(土)から9月24日(月・休)まで。

2018年4月、常設のアトラクションとしてオープンした「怨霊座敷」は、“靴を脱いで入る”お化け屋敷。かつてある男女の間に恐ろしい惨劇が起こったという家の床下には夜雨子の怨念が残り、靴を脱ぐことで無防備になった 来場者の足元を狙ってくる。

そして2018年夏、限定開催される「超・怨霊座敷」では、そのストーリーをアレンジし、恐怖演出をさらにパワーアップ。重要なミッション「怨念が強く宿る夜雨子の足首を縄で縛ってくること」も加わる。また、17時以降の「ハード ver.(夜の部)」は、16時までの「ノーマル ver.(昼の部)」よりも恐怖の演出ポイントが増し、恐怖度が何倍にもアップする。果たして、あなたは夜雨子の怨念を解き、無事戻ってくることができるのか。

なお、「超・ 怨霊座敷」は"お化け屋敷プロデューサー"として毎年東京ドームシティほか、全国でお化け屋敷を手掛けてきた五味弘文がプロデュース。数多くのデジタルアートを手掛ける「チームラボ」が映像演出を手掛ける。

【ストーリー】 
夜雨子は、蛾の収集が趣味の男とつき合っていました。しかし、男は標本部屋に別の女を連れ込むようになりました。 ある雷雨の晩、停電に怯えた夜雨子が標本部屋を開けた時、何か柔らかいものを踏んでしまいます。次の瞬間、男の怒号が響きました。 「大事な蛾を踏んだな!」 その日を境に、男の態度は粗暴になっていきました。ある晩、男は夜雨子の手からアイロンを奪うと、それを彼女の足の裏に当てました。 「お前が憎いんじゃない。お前のこの足が憎いんだ!」 火傷を負った夜雨子の足の裏は壊疽を起こし、その毒が全身に回り始めました。一方、標本部屋からは、楽しそうな女の声が聞こえてきます。夜雨子は、朦朧とする意識の中で、二人の声を聞きました。 「夜雨子が蛾を踏んだなんていうのは、お前との関係をごまかすための嘘だったんだ」 その声を聞いた夜雨子は、強い怨念を抱えたまま亡くなってしまいます。 それ以来、この家では様々な怪奇現象が起こるようになりました。 夜雨子の怨念を祓う方法はただ一つ。 怨念の詰まった夜雨子の足首を、清めの荒縄で縛ってくることです......。 

【詳細】
「怨霊座敷」夏の特別演出 「超・怨霊座敷」
開催時期:2018年7月14日(土)〜9月24日(月・休) 
※7/2(月)〜13(金)の期間、お化け屋敷「怨霊座敷」の営業は休止
※「超・怨霊座敷」開催期間終了後、お化け屋敷「怨霊座敷」は9/27(木) より営業再開予定。
開催場所:東京ドームシティ アトラクションズ ラクーアゾーン1F 
開催時間:ノーマル ver.(昼の部) 10:00〜16:00、ハード ver.(夜の部) 17:00〜22:00 
※ノーマル ver.とハード ver.で演出が一部異なる。
※混雑状況により受付終了時刻が変更の場合あり。
※8/11(土・祝)〜15(水)は9:30開園
※9/1(土)以降は21:00閉園
料金:1,030円(ノーマル ver.、ハード ver.共通) 
※ノーマル ver.はワンデーパスポート・ライド5・乗り物1回券での入場可
※ハード ver.はワンデーパスポート・ナイト割引パスポート・ライド5・乗り物 1回券での入場不可
入場規定:6歳以上 


[写真付きで読む]東京ドームシティのお化け屋敷「怨霊座敷」“恐怖度倍増”パワーアップ、無防備な足元を怨念が襲う

外部サイト

  • 東京国立博物館で「なりきり日本美術館」開催、「見返り美人」や「麗子」に"なりきり"作品を楽しむ
  • 「ディズニー・アート展」宮城県美術館で開催 - 原画やコンセプトアートなど約500点が集結
  • チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン