「九蓮宝燈(チューレンポウトウ)」のテンパイ形

写真拡大

「ミスター麻雀」の愛称で知られたプロ雀士の小島武夫さんが2018年5月28日、心不全のため亡くなった。82歳だった。日本プロ麻雀連盟が31日午後、公式ツイッターで発表した。

今回の訃報を受けて、ツイッターやネット掲示板では、小島さんが達成したある快挙を思い出すユーザーが続出した。それは、最高難度といわれる役満「九蓮宝燈(チューレンポウトウ)」を、わずか8順でツモ和了(あが)ったことだ。

「魅せる麻雀」がモットー

 

小島さんは1936年、福岡県生まれ。10代の頃から麻雀を始め、故・阿佐田哲也氏らとともに「麻雀新選組」を結成。テレビ番組にも出演するなどタレント的な人気を集めた。「プロ雀士の第1人者」とも言われ、81年に誕生した日本プロ麻雀連盟では初代会長に就任した。

手役で高得点を狙う「魅せる麻雀」がモットーで、その力強い雀風から多くのファンに愛されてきた。かわぐちかいじ氏の漫画「はっぽうやぶれ」(近代麻雀コミックス)では、主人公のモデルも務めた。

そんな小島さんの訃報を受けて、ツイッターなどには「雀プロといえば小島さんだった」「麻雀界の発展のため数々の伝説を残してくださりありがとうございます」などと惜しむ声が続出。こうした中で注目を集めたのが、「九蓮宝燈」だった。

九蓮宝燈は最も牌を揃えるのが難しい役満とされる。実際、コナミのアーケードゲーム「麻雀格闘倶楽部」が2003年10月に発表した統計記録によれば、プレイヤーが成立させた全ての役満19万1724件のうち、九蓮宝燈はたった308件(0.16%)だけだった。

小島さんは生前、複数回にわたってこの役満を達成したことでも知られる。とくに、2009年の「モンド21麻雀プロリーグ 第3回名人戦」のテレビ収録対局では、ほぼムダヅモなしのわずか8順で九蓮宝燈をツモ和了っていた。

今回の訃報を受けて、ファンの間では「伝説」とも言われるこの一局を思い出したユーザーは多かったようだ。ツイッターやネット掲示板には、

「あの九蓮宝燈は麻雀の神が舞い降りた瞬間だった」
「あの名人戦のムダヅモほぼなしの九蓮宝燈を見たとき本当に鳥肌が立った」
「小島さんといえばモンドの九蓮。あれほど強運で華やかな役満は唯一無二だと思う」

といった声が相次いで寄せられている。