星座×タロットで占う【6月の運勢】立花アンの「フォーチュン・メッセージ」

写真拡大

――占い師・立花アンが、6月の運勢を星座×タロットで導きます!

■牡羊座……「ストップして賢い選択をするとき」
 導かれたカードは、【13.死神の逆位置】。6月、あなたは「ストップ」を感じるとき。気持ちがすっきりしなかったり、状況に進展が感じられなかったりしそう。そんなとき、あなたの頭の中で「ディベート大会」が開かれます。物ごとのプラスとマイナス、損か得かなど、両極を比べ、選択肢を広げることができそうです。今まではわかりやすいメリットを選びがちだったかもしれませんが、今月はちょっと哲学っぽく深く考え、あなたにとって賢い選択をしていきましょう。「ときには捨てることも必要」とカードは伝えています。ほしいものを手に入れるために、いらないものを捨てる勇気が必要なようです。

■牡牛座……「これまでのあなたを振り返ると次が見える」
 導かれたカードは、【19.隠者の正位置】。6月、あなたは「結論」を出すでしょう。それは、今まで取り組んできたことかかもしれないし、感情を手放して「卒業する」ことかもしれない。あるいは、「これからも続ける」ということかもしれません。いずれにしても、続けてきたことや悩んできたことに対して、自分の中で一度「結論づける」ことが大切になります。間違えてもいいので、「いったん決める」のです。あとから修正できます。そうすることで今までのループから脱出でき、新たに傾向と対策を練って次へと進めるはず。ヒントは、あなたの「これまでにある」とカードは伝えています。あなたの経験や蓄えてきた知識が頼りになるでしょう。

■双子座……「刺激を与えて“もっと”を手にしよう」
 導かれたカードは、【16.塔の正位置】。6月、あなたは「特別感」を感じる1カ月を過ごすでしょう。お姫様みたいな特別扱いを受けることもあれば、ちょっと変わった人、と思われることもあるかもしれません。そんな中で、「もっと頑張りたい」「もっとかなえたい」と、貪欲に「もっと」を求めたい気持ちになるはず。「もっと」を手に入れるためには、あなたを退屈させない刺激を取り入れること。求めているものと関係なさそうなことでも、「なんとなくいいかも」と思えば、それはいい刺激になってくれるはず。そうすることで、今訪れている試練でもある、「辛抱強く続ける」ということを、自然とクリアしていくはずと、カードは伝えています。

■蟹座……「つながりの確認で受け取り上手に」
 導かれたカードは、【5.法王の逆位置】。6月、あなたは人との関わりが増えることで、押し流されるように動き出すでしょう。しかし、素直に受け取れなかったり、妙に身構えてしまうことも。最初は思いがけないことで反射的に頑固になってしまうかもしれませんが、やっていくうちに波に乗ってくるはず。まずは、周りにいる人や、与えられているものを再確認してみて。「あ、今の私って、こうやってできているんだな」と、あなたという人を形成している細胞みたいなものを感じましょう。そうすることで、人とのつながりが窮屈ではなく、心地のいいものだと知り、「安心して過ごせるでしょう」と、カードは伝えています。

■獅子座……「過去から成果の出る未来へ」
 導かれたカードは、【15.悪魔の逆位置】。6月、あなたは心のどこかに「変わりたい」という気持ちが芽生え始めます。「こんな風に生きてもいいかな」と、漠然としているかもしれませんが、なんとなくの方向性が見えてくるかも。そして、大事なことを1つ伝えておくと、今のあなたが大切にしたいと感じているものは、これからの成果や、あなた自身が認められるということへ、つながっていきます。そのためにも、「過去を断ち切る勇気を」と、カードは伝えています。少し怖いかもしれませんが、そうすることで身軽になります。今のあなたなら、ガラッと変わることを選択できるでしょう。

■乙女座……「ゆっくりした歩みを選んで」
 導かれたカードは、【7.戦車の逆位置】。6月、あなたは、未来へのビジョンが次々と浮かんで気持ちが盛り上がりそう。それは大きな目標であるかもしれないし、漠然としたやる気である場合もあるでしょう。たくさんの人を巻き込みながら奪取したい、前へ進みたい気持ちにエネルギーが傾きますが、「ダッシュは禁物」と、カードは伝えています。息切れしてしまう可能性があるからです。走り出したい気持ちは押さえて、気心の知れた近しい人たちと、「無理のない歩み」で一歩ずつ確実に進んでいきましょう。

■天秤座……「恵みはプラス思考の人にみえる」
 導かれたカードは、【19.太陽の逆位置】。6月、「なんだか楽しくないなあ」と、あなたの笑顔に陰りが出そう。しかしそれは、あなたの受け取り方の問題かも。他者からのギフトが増えてくるこの時期、なにかしらの違和感を覚えたら、それはあなたがコツコツ頑張ってきたことに「恵み」がもたらされているという合図。ちょっとわかりにくい登場をするその恵みは、マイナス思考でいると受け取れません。「目の前にあらわれたものをプラスに受け取って」と、カードは伝えています。笑顔でいることが鍵になるでしょう。

■蠍座……「伸びしろのお知らせ」
 導かれたカードは、【12.吊るされた男の逆位置】。6月、あなたは「あれ?」という疑問が生まれるでしょう。例えば「私はこういう人なの」とか「こうしなければならない」といったこれまで当たり前だと思いこんできた見方や気持ちに、「本当にそうなの?」といった疑問が生まれます。しかしそれは「方向転換をするとき」と、カードは伝えています。今まで凝り固まってきた部分を解きほぐしていくことができるでしょう。ぜひ、どんどん自分を疑って。それがあなたの「伸びしろ」です。ちょっと大胆な変化や行動を起こすことができれば、さらに世界が開けるでしょう。

■射手座……「変化を起こすことができるのは自分」
 導かれたカードは、【16.塔の逆位置】。6月、あなたに「新鮮な風」が吹き込む予感です。流行ものが気になったり、好奇心がくすぐられて新しいことをどんどん取り入れたい気持ちになりそう。特に、生活スタイルやライフワークにスポットライトが当たるでしょう。あなたが自分らしさを感じていられるときは、風に押されるように行動できているとき。「現状打破のために刺激を生活に取り入れて」と、カードは伝えています。

■山羊座……「訪れることには意味がある」
 導かれたカードは、【2.女教皇の逆位置】。6月、あなたは感情的になる場面が増えるでしょう。それは、うれしい楽しいときもあれば、不安を感じることもあるでしょう。周囲との関係の中で心が揺れ動きますが、大事なことはその流れの中から思わぬヒラメキや、隠されたヒントを見つけられるかどうか。「調子がよかったのに邪魔が入った」などと文句を言ってもいいですが、今のあなたは、それだけで終わるあなたではないはず。ただ感情に支配されるだけでなく、そこから何かを見つけて「レベルアップをする」イメージです。

■水瓶座……「ワガママの通し方を学ぼう」
 導かれたカードは、【12.吊るされた男の正位置】。6月、あなたは「いったん立ち止まっていいとき」が訪れます。ふとしたときに「あれ? なんか違うかも?」と、現実と気持ちとのギャップに気づかされそう。それは、「わがままを通したい」気持ちが増えているから。この時期、「◯◯したら思い通りにいくかも?」と思っていることがあれば、それは期待通りにいかないと思ったほうがいいでしょう。作戦を立てたことが無駄に終わってしまいそう。しかし、あなたのわがままを実現する術はあります。それは、どんどん「感謝を伝える」こと。一度でゴールを目指すのではなく、小さな感謝を伝える循環から始めてみて。

■魚座……「不足感を自分で満たしてみる」
 導かれたカードは【3.女帝の逆位置】。6月、あなたは揺れ動く心を、少しだけ決意する時期がきています。それというのも、普段のあまたは人からの影響を受けやすく、流されてしまいがちなところがありますが、今は、その流れが少しストップして、自分を見つめ直すことに自然と向かうはずだから。「自分との対話の時間を持って」と、カードは伝えています。好きな本や映画などの芸術作品との対話も含まれるでしょう。そうすることで、なんだかうまくいかないと感じていたことや、人間関係の詰まりが、少しずつ流れ始めるはず。
(立花アン)※画像出典/占いTV NEWS