Magnificent View #1400
ノンハン湖(タイ)


(C)dk & dennie cody / Masterfile / amanaimages

 正式名称よりも、「タレー・ブアデーン」という通称で知られているノンハン湖。この通称を直訳すると「赤い睡蓮の海」となる通り、12月から2月にかけて、水面は濃厚なピンクの蓮の花で埋め尽くされる。

 蓮の花が咲くのは夜明け前から午前11時頃までの間だが、一帯が最も美しく見えるのは、何といっても日の出の時間だ。どこまでも広がるピンクの花の絨毯に、ゆっくりと朝日が差し込んでいく光景は、神秘的でさえある。

 蓮の花が咲く湖は世界中にあるが、濃厚なピンクの花だけが一帯に咲き乱れるのは、貴重な風景。

 近年、この絶景がじわじわと人気に。シーズン中の1月半ばにはこの湖にちなんだ祭りも催され、多くのボートが湖を周遊する。蓮の花をボートでかき分けて進む湖上めぐりもまた幻想的だ。

文=芹澤和美