食べて痩せ体質を作るから続く! お肉たっぷり低カロリー&低糖質スープ

写真拡大 (全2枚)

 

ポイントは、スープを『食べる』

低糖質で、体の組織作りに必要なたんぱく質をたっぷり含んだ肉は、低糖質ダイエットにうってつけ。そこでおすすめしたいのが、肉のうまみがじんわり溶け込んだ、具だくさんの『食べる』スープ。調理は3ステップで、完成まではなんと、たったの15分! 鍋一つでまたたく間にでき上がる絶品スープで、無理なくおいしく痩せ体質を目指しましょう。

まずは肉の糖質量をチェック!

肉は全体的に糖質が少ない食材。糖質量は牛もも肉で0.4gほどだが、さらに鶏肉は糖質量がほぼゼロ(鶏胸肉のみ0.1g)!また、脂肪分の少ない赤身肉を選べば、カロリーを減らすことができ、よりダイエット効果を高めることも可能なんです。

例えば、豚肉ならバラ肉(糖質量0.1g/386kcal)よりも、もも肉(糖質量0.2g/183kcal)がおすすめ。ベーコン(糖質量0.3g)などの肉の加工品も糖質が少ないので、低糖質ダイエットには、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

※各食材の糖質量、エネルギー量はすべて100gあたり

【糖質9.4g】鶏手羽中とかぶのトマト豆乳スープ

ホロリと軟らかい骨つき肉はもちろん、肉のうまみが染み込んだジューシーなカブもごちそう。クリーミーでコクがある、ヘルシーな豆乳との相性もバツグンです!

【材料】2人分

鶏手羽中…8本

塩・コショウ…各少々

カブ…1個(90g)

玉ネギ…1/4個

しめじ…1パック

ニンニク…1片

水…250ml

(A)トマト(水煮缶詰、カットタイプ)…150g

塩…小さじ3分の1

ウスターソース…大さじ1/2

醤油…小さじ1

豆乳(成分無調整)…50ml

オリーブ油…小さじ1

【作り方】

1 鶏手羽中は、骨の両側に沿って2カ所に切り込みを入れて開き、塩、コショウをすり込む。ニンニクはみじん切りに、玉ネギは薄切りにし、しめじは石づきを落として小房にほぐす。カブは茎を少し残して切り落とし、皮をむいて8等分のくし形に切る(あれば葉をとっておく)。

2 鍋にオリーブ油とニンニク、玉ネギを入れて中火で炒め、しんなりしたら手羽中を加えてさっと焼く。

3 肉の表面が焼けたら、分量の水、カブ、しめじを加え、強めの中火で5分煮る。(A)を加え、3〜4分煮たら豆乳を加えて温める。あれば刻んだカブの葉を散らして火を止める。

※記載しているスープの糖質量は一人分です

短時間で簡単に作れる低糖質スープは、忙しい日にも頼れる味方。ホカホカと湯気を立てるボリューム満点のスープがあれば、心も体も大満足!ダイエットのつらさを感じることなく、スリムなボディを手に入れられるはず!

出典:『糖質オフで大満足! やせるスープ』、監修:金丸絵里加

ライター:夏井美波