幸せな恋愛をしたいのに、なぜかいつも恋のトラブルに巻き込まれる人っていますよね。そんな人を“裏恋愛気質”といいます。どうして道ならぬ恋に足を踏み入れてしまうのでしょう……。

もしかしたら、手のひらにその答えがあるのかも。そこで今回は、そんな「裏恋愛気質」手相についてご紹介いたします。


出典: NOSH(ナッシュ)

 

■1:知能線と感情線の間に遮断線が入る…“間違った”相手を選びがちな相

知能線と感情線の間に遮断線が入る場合は、よく考えて付き合わないと、最初の交際が不幸な結末になってしまうという相の持ち主。その時のノリや勢いに任せず、よく考えてからの行動を心がけましょう。

できちゃった婚にも注意。また、結婚線がギザギザの場合は、お酒でトラブルに巻き込まれることを示します。同じく、結婚線が鎖状の場合も、自分の浮ついた態度が原因でケンカ別れになる危険性が。冷静になってみましょう。

 

■2:生命線の近くに線で囲まれた三角形がある…オトコたちから翻弄される相

生命線の先端近くに線で囲まれた三角形があるのは、二人の異性から同時に愛され、二人の異性の間で悩む可能性がある相。この場合、迷ったり悩んだりしてそう簡単には結論が出ません。

トラブルは避けられないので、感情的にならず慎重な対応を心がけていきましょう。当事者だけではどうにもならないときは、親しい友人にアドバイスをもらうのも良いでしょう。時間が経てば自然に鎮火するはず。

 

■3:生命線の横線「影響線」に「島」があり横線が出る…恋路を邪魔される相

生命線の横に並んで刻まれる“影響線”に“島(線で囲まれた部分)”があり、そこから横線が出ている場合は、パートナーや恋人との関係に疲れを感じているサインです。いつ横恋慕されてもおかしくない手相ですが、彼との関係を見直し、改善することで線は変化するでしょう。

また、影響線の先端に横線があり、そこで線が止まっている場合も要注意。第三者の邪魔により恋人と引き裂かれる暗示が。お互いの信頼関係を大切に。

 

■4:運命線と感情線の交差点に「星」がある…いつのまにか貢がされている相

運命線と感情線が交差するところに星がある場合は、貢いでしまう相とされます。恋をした相手にいわれるがままに貢いでしまって、大金を失ってしまう暗示が。

ホストやヒモのような男性に恋をしてしまい、そのままズブズブと身をやつしてしまう恐れも。さらに、感情線の先が人差し指の付け根まで届いている場合は、自分で貢いでいることにすら気がつかないかもしれません。そもそもの恋愛観を見つめ直してみて。

 

裏道の恋に足を踏み入れてしまう人は、小さい頃の家庭環境に問題があることが多いとされます。父親が厳しかったり、母親がかまってくれなかったり……。理由は様々かもしれません。

でも、大事なのは“今現在”です。あなた自身が「幸せな恋をしよう!」と決意をした瞬間から、手相は変わっていくのですから。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】