「福岡市動物園」のレッサーパンダ。20度を超える日は部屋で涼んでいるそう

写真拡大

忙しくて余裕がないと、小さなことにもイライラしてしまいがち。そこで、小さな幸福を求めに福岡を西へ東へ。充実した3時間になることを願って、いざ出掛けよう!

【写真を見る】「福岡市植物園」では季節ごとの花を楽しめる。バラの花に囲まれた中で写真を撮るのも素敵!

■ 「福岡市動物園」で動物たちを見て元気をチャージ!

約110種類の動物たちが癒してくれ、最寄りの駅から歩いて行ける「福岡市動物園」。翼を大きく広げてポージングする鳥や、ふさふさしたしっぽを揺らしながらせわしなく動くレッサーパンダなど、動物の迫力やパワーに圧倒!元気をチャージしたい時にオススメだ。

[福岡市動物園]福岡市中央区南公園1-1 / 092-531-1968 / 9:00〜17:00(最終入園16:30) / 月曜休み(祝日の場合翌日休み) / 入園料 大人600円、高校生300円、中学生以下無料

■ 「福岡市植物園」で色とりどりの花を眺め気分を上げる!

南公園の中にある「福岡市動物園」と一体となった緑のオアシス。園内を散策していると、鳥の鳴き声や風で揺れる葉の音が心地よく、呼吸が深くなる。温室内にあるサボテン・多肉植物室にはさまざまな植物を展示。スタッフがいたら育て方を教えてもらおう。

[福岡市植物園]福岡市中央区小笹5-1-1 / 092-522-3210 / 9:00〜17:00(最終入園16:30) / 月曜休み(祝日の場合翌日休み) / 入園料 大人600円、高校生300円、中学生以下無料 

■ 「マリンワールド海の中道」でスローな時間を過ごして癒される!

大人も楽しめる水族館として1年前にリニューアルオープン。玄界灘のダイナミックな波を再現する大水槽や奄美のサンゴ礁、光と音の演出が幻想的なクラゲの世界など、九州の海をコンセプトにリアルな自然環境を表現している。小旅行気分を楽しみたい人は船で出かけるのもおすすめ。ベイサイドプレイス博多やマリゾン(百道浜)からわずか20分で到着!

[マリンワールド海の中道]福岡市東区西戸崎18-28 / 092-603-0400 / 9:30〜17:30、GWは〜21:30(最終入館は閉館60分前) / 無休 / 入場料 大人2300円、中学生1200円、小学生1000円、未就学児600円 

■ 「日本市 博多デイトス店」でいろいろな花火に出合う

パチっ、パチッと力強く、まあるい玉から放たれる華奢で可憐な火花。見つめていると心が吸い込まれそう。みやま市にある「筒井時政玩具花火製造所」の線香花火は、火の玉が大きく落ちにくいのが特長。さまざまな種類の花火がそろう「日本市 博多デイトス店」で購入することができる。いろいろな花火を店頭で見るのも楽しい!

[日本市 博多デイトス店]福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス1階 / 092-292-4778 / 8:00〜21:00 / 無休

■ 「圓應寺」で自分の心と向き合いながら写経もいい!

辺りが暗くなる時間帯になると、蝋燭に灯した明かりを頼りに一文字一文字経文をなぞる。本堂に鎮座する仏様と、自分の心と向き合う静かな時間を作っていく。「清める」とは本来心を充電するという意味なのだそう。一枚写し終えると、心もすっかりリフレッシュ!

[圓應寺(えんのうじ)]福岡市中央区大手門3-1-7 / 092-761-1454 / 10:00〜17:00(写経と写仏体験は月末の日曜の日没ごろに開催) / 写経と写仏体験は500円※写経と写仏体験はFacebookまたは電話で要申し込み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)