ルックスも気持ちもいつまでも成長していないように感じていても、ふとした瞬間に若い頃とは考え方が変わってきたなあと感じる瞬間ってしばしばありますよね。に引き続き今回はそんな、色んな意味で「わたし、大人になったなあ」と思う瞬間あるあるを集めてみました。

「わたし、大人になったなあ」と思う瞬間

だらだら寝て過ごす休日はもったいないと思うようになった

金曜日や土曜日の夜、朝まで飲みにいって週末に一日中ぐーたら寝て過ごすことを繰り返す日々を、昔は送っていたという人も多いハズ。でもいつからから、週末をいかに有効に活用するかを考えるようになって、深酒をしたり、なんの予定もなくパジャマのまま一日中過ごすことが少なくなったのです。

質のいいパジャマを使うようになった

学生時代のジャージや、もう外出の際に使わなくなった服をパジャマ代わりにしていた人も、一度まあまあ値段の高い質のいいパジャマを着ると、寝るときに使うことを目的としていない服を着て寝ることに違和感を感じるように。寝るとき専用に作られているパジャマって体を締め付けることなく、本当に着心地よく作られているもの。良い睡眠を取ることの大切さに気が付き始めると、質の良いパジャマや寝具を使おうと思うようになるのです。

気が乗らないお誘いは上手に断るようになった

昔は嫌われたくないという気持ちが強くて、疲れているときやお金を節約しなければならないときも、お誘いがきたら全部のるようにしていた人も多いのでは? でも気が乗らないときや、お金をあまり使えないときには上手にそういったお誘いを断ることができるようになったのです。

他からどう見られるかよりも、自分がどう感じるかを考えるようになった

他の人からの評価を気にしすぎていたころもあったけれど、それよりも自分がどう感じるかが大切だということに気づき始めるのです。そしてだんだんと自分らしくいることの楽しさを感じ始め、だんだんと周りの意見に振り回されないようになっていくように。

買い物をするときには予算を決めるようになった

クレジットカードの分割払いでせっせと好きなものを買っていた昔にくらべ、今はまず、買い物にいく前に使ってもいい予算を決めるようになったという人も多いのでは? 分割払いやリボ払いって、その月に払う額は少なくとも、買い物をしていない月にもお金が出ていってしまいますからね。そしてカードの分割払いを使いすぎていると、いつまでも貯金が貯まらないという負のスパイラルにハマってしまうということに気がつくのです。

ものよりも経験にお金を使うようになった

若い頃と今を比べるとほしいと思うものが変わったことに気が付きます。昔は物質的なもの、たとえば洋服やバッグがほしいという物欲が強かったのに対して、だんだんと資格を取ることや人生をより楽しくする体験にお金を使うようになっていくのです。