Appleが提出した特許関連書類からは同社の研究開発における取り組みの一部が垣間見えます。今回、明らかになった特許情報はMacBookの蝶番(ヒンジ)部分の構造に関するもので、単一の部材から構成され、柔軟に曲げたり開いたりできる構造を有します。Appleはこのヒンジを「Living Hinge」と呼ぶこともあるようです。

一体化したヒンジ

現在のMacBookの開閉構造には蝶番が採用されており、ごく一般的な構造となっています。Appleはこれを「Living Hinge」に置き換えようと研究を進めているとされます。Living HingeはMacBook全体を一体構造とするものの、一部(ディスプレイとキーボードの境目)が曲げやすい素材でできており、ここを可動部分としてMacBookの開閉を実現するとしています。
 

 
イメージとしてはSurface Bookに搭載されたヒンジに近く、MacBookのデザインを大きく変える可能性がありそうです。現時点では実用段階ではないと考えられますが、AppleはLiving Hingeについて継続的に研究・開発を行っているとされ、将来的にMacBookに採用されていく可能性は十分に考えられます。

膨大な特許を取得 

Appleは多数の特許を出願、取得しています。そのため特許関連の書類から判明する全てが将来のApple製品に反映されるわけではありません。今回の「Living Hinge」もAppleが取得する膨大な特許のごく一部である可能性があります。また仮に実際に搭載に向けて研究が進められているとしても、これがどの時期にMacBookに搭載されて製品化されるかは不明です。
 

Appleが出願した特許の一例


 
将来、斬新なデザインのMacBookが新モデルとして発表された時、この特許のことを思い出す日が来るのかもしれません。
 
 
Source:Patently Apple
Photo:Microsoft
(KAZ)