日曜日の夕方になると、決まって気持ちが沈んでしまう……。楽しかった週末はあっという間に過ぎ去り、慌ただしい月曜日が始まってしまう……。今回は、そんなあなたの憂鬱をふき飛ばす3つのメソッドをご紹介します。
明るく有意義な、笑顔の月曜日を過ごしましょう!

1. 30分早く起床する

憂鬱な月曜日の朝は、どうしてもグズグズしがちです。いつもより重たく感じる布団を持ち上げ、暗い気持ちでメイクを終え、出社したのは結局ギリギリの時刻……。これでは、憂鬱な心がよりブルーになってしまいます。
そんな気分が沈みがちな月曜日の朝こそ、いつもより30分早く起床しましょう! 無理にでもベッドから起き出すことで、一週間の予定を整理する時間が取れます。
漠然とそわそわする気持ちを抱えているから不安になるのです。やるべきことを明確にすることで、自分に「大丈夫」だと教えてあげましょう。ゆっくり朝食を取り、余裕を持って家を出ることで、起きたときより気分が晴れているはず。

2. どうして憂鬱なのか洗い出す

月曜日の憂鬱には、なにかしら理由があるはずです。仕事の内容に不満があったり、上司とうまくいっていなかったり……。まずは、憂鬱の原因を洗い出してみましょう。根本的な原因を解決することなくして、憂鬱をふき飛ばすことはできません。
原因をあやふやにし、月曜日をなんとかやり切ったとしても、次の月曜日にはまた同じのことの繰り返し……。これでは、いつまでたっても月曜日の憂鬱から解放されることはありません。
どうして憂鬱なのか洗い出したら、心がそれ以上沈んでしまわないうちに解決策を練りましょう。もしかしたら、キャリアチェンジのチャンスなのかもしれませんよ。

3. ご褒美を用意する

ときには、どうしても憂鬱をふき飛ばすことができそうにない月曜日だってありますよね。そんなときは、ご褒美を用意してあげましょう。おいしいチョコレートや好きなお花など、あなたの沈んだ気持ちがちょっぴり上がるものなら、なんでもOK。
たまには、毎日頑張る自分の心を労わってあげて。ご褒美で憂鬱をふき飛ばすのは、甘えではありません。些細なご褒美は、あなたが前を向くために必要なアイテムなのです。

笑顔の月曜日を過ごしましょう!

月曜日の憂鬱を軽くするには、日曜日の過ごし方が大きく関わってきます。日曜日に夜更かしをしていたら、月曜日の朝に早く起床することはできません。日曜日は、できるだけ早い就寝を心掛けましょう。

「月曜日なんて来なければいい」という気持ちではなく、自分から月曜日に飛び込むぐらいの心意気を持つことが大事です。3つのメソッドを味方につけて、月曜日の憂鬱をふき飛ばしましょう。あなたに笑顔が溢れたら、周りの人の憂鬱も晴れてくるはず!