男は不器用。浮気なんてすれば、隠そうとしてもすぐにボロが出ます。逆に女性は鋭いので、男の不審な行動にはすぐに気が付く。でもそこで、自分ほうが浮気相手だったという現実を突き付けられる場合も……。そこで今回は、“私は2番目なんだと悟った瞬間”について、経験者に語ってもらいました!

文・塚田牧夫

バレンタインのお返しが…

「ホワイトデーの時期が近付いてきたころでした。彼の部屋で、パソコンを借りて使っていたら、ネットでの買いもの履歴を見ちゃったんです。

おそらく、バレンタインデーのお返しと見られるチョコレートを購入していました。高級なチョコがひとつ、あとは中くらいのと、会社の女子社員の配る用の安いやつ。十個ぐらい買ってました。

当然、私は高級なチョコレートをもらえるものだと思っていました。ところが、ホワイトデー当日。もらったのは中くらいのやつ。あれ? あれれ……高級なのは誰に?

もちろん、そんなことを聞けるはずもなく、今に至ります。不信感は拭い切れていません」アサコ(仮名)/28歳

誕生日のケーキの名前が…

「私の誕生日。彼がお店を予約してくれて、食事をしていました。小さいけどアットホームなお店で、雰囲気がすごく良かった。

そして後半。流れてきたのは、あのメロディーです。お店の店員さん全員が“ハッピバ〜スデ〜”と歌い始めました。奥から、ケーキの登場です。

私の目の前に置かれたところで、歌もクライマックス。“ディア〜……”のところです。しかし、ケーキを見て自分の目を疑いました。プレートに書かれている名前が、私じゃない……。

それでも歌は続きます。ついに、“ディア〜”を迎えました。続けて“フミノさ〜ん”……誰!? 私の名前はリエコ!

チラッと彼の顔を覗きました。笑顔が引きつっていた……。陽気な店員さんと、青ざめている私たち。まさに地獄絵図。店を出てから問い詰めたところ、他に女がいることを白状しました」リエコ(仮名)/28歳

寝ている間の会話で…

「彼の家で、彼の友だち何人かを集めて、ホームパーティーのようなものを開きました。私は、友だちに紹介してもらえたことがすごく嬉しかった。正式な彼女なんだって、実感が湧きますからね。

それでご機嫌になってしまい、ちょっとお酒を飲みすぎてしまったんです。気が付けば、いつの間にかその場で横になっていました。

どのくらい寝たでしょうか。彼の声が聞こえてきました。残っている友だちと話していたので、ぼんやりとその内容を聞いていたんです。

友だちが言いました。“いい彼女じゃん”。うん、それは素直に嬉しい。しかし次に、“どうするんだよ”と。え……なにが? 雲行きが怪しい……。

“まだ別れてないんだろう?”。たぶん、元カノのこと。ガ〜ン。さらに彼がそこで“まだ好きなんだよな……”。もうひとつガ〜ン。

込み上げてくる吐き気を抑えるので精一杯でした」キョウカ(仮名)/29歳

“私は2番目なんだと悟った瞬間”をご紹介しました。

信じていた彼に裏切られるほど悲しいことはないでしょう。もしそうであるなら、早めに気付いておきたいところ。せめて、傷が浅いうちに……。

(C) motorolka / Shutterstock(C) Minerva Studio / Shutterstock(C) Dean Drobot / Shutterstock