大好きな彼と一緒に過ごす時間がたくさん増えることに、フォーカスを当てがちな同棲生活。でも、一緒に暮らしながら2人の絆をさらに強いものにしていくためには、さまざまなことが必要不可欠。
今回はそんな、同棲生活に必要なことをまとめてみました。

意地をはらないこと

彼と喧嘩になったときに、彼が謝ってくるまで口をきかないという行動にでたり、拗ねたりして彼の気を引こうとすることが多いというあなたは要注意。同棲生活がスタートすると、2人の生活スタイルにお互いが慣れるまで喧嘩が以前よりも増えることも……。
そのため、喧嘩のたびに口をきかないという行動にでていると、彼があなたに対して一気に冷めてしまうということも起こり得るのです。
同棲生活で大切なことは意地をはらずに、自分が悪いことをしたなと思ったら謝ること。また、気に入らないことがあったときには雰囲気でアピールするのではなく、口に出して説明するようにしましょう。

共感すること

あなたが最高に良い日を過ごしたときに、彼が最悪な一日を過ごすことだってあります。私たちって、誰かに共感してもらえるとうれしかったり心が落ち着いたりするもの。パートナーの気持ちに共感するということを大切にしましょう。
彼にすごくうれしいことがあったときには一緒に大喜びして、彼にすごく悲しいことがあったときには、話を聞きながら「わかるよ」と声をかけたり、いまいちピンとこないことでも相槌をうってあげることが大切です。

自分のスペースを持つこと

自分のスペースとは、物理的なことだけではなく自分ひとりの時間をそれぞれが持つことです。同棲生活を始めると、すべてのことを一緒にできると期待してしまう人がいます。
ですが、同じ部屋にいるからといって常に一緒にテレビを観なければいけないわけでもないし、常におしゃべりをしていなければいけないわけでもありません。
趣味の時間や読書の時間など、同棲をする前から習慣だった一人で過ごす時間を継続していくことも大切なのです。

丁寧に会話すること

「一緒に暮らしているんだから会話くらいするでしょう」と思うかもしれません。ですが、同棲をすると一緒の空間にいることに満足して、会話が減ってしまうことも多いのです。
同棲前には電話をかけたり、デートをしたり、会話をする時間を作っていたのに、同棲することでその時間を作る努力をしなくなります。また、彼があなたに「何してるのー?」と聞いてきたときに「掃除」の一言で返してしまうと、会話が成り立ちませんよね。
同棲生活に慣れると、こういった普段の会話が適当になりがち。丁寧に会話することを心がける必要があります。