サンデーモーニングの「御意見番」張本勲氏

写真拡大

「あ、そう」。野球評論家の張本勲氏(77)が、60年以上の歴史を誇るサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(UCL)史上初の偉業に示した反応は、この一言だけだった。

日本時間2018年5月27日未明のUCL決勝で、レアル・マドリード(スペイン)が3連覇を達成。この大ニュースは、試合の数時間後に生放送された「サンデーモーニング」(TBS系)でも速報されたのだが......。

「国内にしか関心がないから」

この日の番組では、レアルが3-1でリバプール(イングランド)を下した決勝の模様を1分以上のVTRで紹介した。このVTRの終わりでは、史上初の快挙に喜びを爆発させる選手、サポーターらの姿も伝えられたのだが、スタジオの張本氏は、

「あ、そう」

と眉一つ動かさずにポツリ。簡素すぎるコメントに、スタジオの出演者からは大きな笑いが起きた。

こうした張本氏の反応には、番組司会の関口宏さんも笑いながら「あ、そうって...」とツッコミ。その後、「御意見番」として出演していた野球解説者の黒木知宏氏が「あっぱれ」を出すと、関口さんは「そうそう、あっぱれだよね」。

しかし、それでも張本氏は無関心な態度を崩さず、

「国内にしか関心がないから。果てしない遠い国のスポーツは、あんまり関心がないから」

と淡々とコメントしていた。

一切の反応を示さず

こうした流れの中で、関口さんは「じゃあ、これも関心ないかな」と切り出し、スペイン代表MFイニエスタ選手のJリーグ・ヴィッセル神戸加入のニュースをフリップで紹介。しかし、これにも張本氏は、

「はい、へー。ああそう、へー」

と気の無い相槌を返すばかり。

その後、番組ではイニエスタ選手のプレーをまとめたVTRも紹介され、関口さんも「分かりますか。このプレー?」などと問いかけていたが、張本氏は一切の反応を示さず。そのまま、サッカー関連の話題は終わった。

こうした張本氏の冷淡な反応に、ネット上のサッカーファンは激怒。ツイッターには番組の生放送中から、

「CL三連覇をあっそで終わらせた」
「イニエスタの事を へーで片付ける辺りやっぱり張本」
「『興味ない』ってアンタさぁ...仕事でやってんだからそれはいかんでしょ...」
「張本はもう二度とスポーツを語るな」

といった声が次々と書き込まれていた。

なお、張本氏は16年5月29日放送の「サンデーモーニング」でも、同年のUCL決勝の結果を受けて「日本の選手が1人も出ていないんでしょ。何が面白いのかね」などと発言し、ファンの間で物議を醸したことがあった。