今では連絡をとるツールとして欠かせなくなっているLINE。毎日、友達や家族、恋人とLINEを送り合っているという人も多いのではないでしょうか? ここでは、そんなLINEを使うなかで起こりがちなことを聞いてみました。

LINEでありがち

会話を終わらせたいときはスタンプだけ押す

「何度かやりとりが続いて、そろそろ終わらせたいなってときはスタンプだけ送る。それでも返事がくるときは正直ちょっとうざいなって思ってしまう」(20代/学生)

▽ やりとりをしているうちに、もう話すことがないな、用事はすんだなと思ったら、スタンプだけを送って会話を終わらせようとする人も多いのではないでしょうか?
せっかくスタンプを送ったのに、まだ相手から返事がくると「どうしよう」と困ってしまうこともあるようです。

グループLINEで「個人でやれば」と思うやりとりがある

「グループLINEのなかで、個人的に話し始めていたり、周りにはわからないような内容を送り合っている人がいると『グループじゃなくて個人でやればいいじゃん』って思う」(20代/IT)

▽ 複数人でグループLINEを楽しむ人も多いもの。しかし、グループにも関わらず個人宛に連絡をやりとりする人たちもいますよね。自分には関係のない内容でも通知が飛んでくると面倒くさく感じるもの。
「個人でやればいいのに」とうんざりする人も少なくありません。また、グループから退出するタイミングを見失ってしまうという人もいました。

未読をためてバッジが増えていく

「あとで読もうと思っていると未読のバッジが増えていって、どんどんLINEを確認するのが面倒くさくなる(笑)。でも、バッジを消し終えると達成感がある!」(20代/学生)

▽ グループLINEをいくつかやっていたり、テンポのいいLINEを送り合っていくと、信じられない量の未読がたまっていくもの。そのたびに赤いバッジが増えていき、確認するのが面倒くさくなってしまう人もいるのではないでしょうか。
バッジを消す作業もなかなか大変ですよね。一方で、バッジを消し終えたあとは達成感に包まれるという人もいました。

たくさん友達追加をしてもやりとりするのは数人

「LINEでたくさん友達追加をしていても、やりとりをするのはほんの数人。ただ登録してあるだけっていう感じ」(30代/公務員)

▽ たくさん登録している友達はいるのに、実際にLINEでやりとりをしているのは親しい友達と家族だけという人もいるでしょう。いつでも気軽に連絡がとりあえるぶん、知っているだけで連絡をとらない人たちが多いことがわかるのもLINEの特徴なのかもしれません。

無料スタンプをもらって企業と友達になるもすぐブロック

「無料スタンプがほしくて企業と友達になるけど、スタンプをダウンロードしたあとはすぐにブロックする」(20代/学生)

▽ 無料スタンプをダウンロードするためだけに企業を友達追加する人も多いようです。しかし、通知がくるのは嫌なため、ダウンロード後にすぐにブロックする人も。

長文のLINEが届くと返事が面倒

「短文のLINEをテンポよくやりとりするのは好きだけど、長文のLINEは苦手。返事を返すとき、内容を確認するためにスクロールして戻らないといけないし、返事を書くのが面倒になる」(20代/PR)

▽ LINEは短文で送り合いたいという人も多いもの。長文のLINEが送られてくると「面倒くさいな」と思う人もいます。返事をするのに手間暇かけたくない人もいるのかもしれません。