サッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリード対リバプール。チームの得点を喜ぶレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド(2018年5月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)決勝でリバプール(Liverpool FC)を3-1で下し、ここ5年で4度目の優勝を果たしたレアル・マドリード(Real Madrid)のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が26日、数日以内に退団を発表する可能性を明かした。

 自身通算5度目のチャンピオンズリーグ制覇を果たしたロナウドだったが、主役の座は2得点を挙げたギャレス・ベイル(Gareth Bale)に譲った。

 beINスポーツ(beIN Sports)に対しロナウドは、「この瞬間を楽しみたい。これまでいつも自分に寄り添ってくれたファンに数日以内に答えを出したい」とコメントした。

「レアル・マドリードにいられて本当に素晴らしかった。これから数日のうちに話をしたいと思う。チームメートとこのタイトルの喜びを分かち合いたい。そのあとで答えを出すよ」

 6季連続でチャンピオンズリーグの得点王に輝いたロナウドの活躍もあり、レアルはヨーロッパチャンピオンズカップ(European Cup)時代も含め42年ぶりの大会3連覇を果たした。

「われわれは歴史をつくった。それが重要なんだ。一人の選手の将来など重要ではない」
【翻訳編集】AFPBB News