5月29日は射手座のウエサク満月 意志の弱さを手放して、自由な未来を手に入れよう!

写真拡大

 5月29日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう。

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】射手座
【満月になる時刻】5月29日23:20
【射手座満月のキーワード】「楽観的」「自由を愛する」「未来志向」「海外・異文化」「哲学的・宗教的」……etc.

 今回の満月は、天界と地上界のエネルギーの扉が開く、といわれる「ウエサク満月」。毎年、旧暦の4月15日がウエサクにあたり、世界中にパワフルなエネルギーが降り注ぎます。日本でも古来より京都の鞍馬寺で満月祭が執りおこなわれ、世界各地でこの日を祝います。

 そんなウエサク満月が今年起こるエリアは射手座。理想に向けて一直線に進む力を持つ星座です。未来志向で冒険心も豊富になる射手座満月は、楽観的な気持ちで物事を拡大発展させるエネルギーを授けてくれます。未来への恐れや悲観的思考を手放すのに最適といえるでしょう。

 天界と地上界の扉が開くこの日は、射手座のエネルギーをさらにパワフルにしてくれるはず。ケンタウロスの矢を放つような勢いで目指したものへ向かっていけるよう、手放し&改善を誓ってみましょう!

■射手座満月にオススメの手放しテーマ

 射手座の満月は、「夢と理想」や「自己肯定感」などに対して足を引っ張っているものの手放しに最適です。「高度な学問」や「海外・異文化」に関する苦手意識なども、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。

★射手座満月の手放しテーマ★
「自己肯定感が低く自信が持てない」
「一度始めたことをやり遂げられない意志の弱さがある」
「新しく何かを学ぶことへの苦手意識がある」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■射手座満月の改善ワーク

  不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような射手座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★射手座満月の改善ワーク★
「自分らしい人生を自由に生きられる人になる」
「目標へ一直線に進めるよう照準を絞り込む」
「高度な学びを自分のものにできるようになる」……etc.

 今回の満月は、真夜中23時20分に月が満ち切るので、完全にまん丸となった月の光を浴びることができます。ただでさえパワフルなウエサク満月が、タイミング的にも最大の光を注いでくるスペシャルな日です。このチャンスを逃さず、月が出てから23時20分までの間に自分の願望を込めたものを月光浴させましょう。お守りやアクセサリー、新たに願望を書いた紙などでもOKです。

 そして、自分自身も月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで手放し&改善ワークを誓ってみてください。万一の曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取りましょう。

 6月21日には太陽が夏至点を迎え、宇宙の暦の上半期が終わります。つまりこの射手座満月は、2018年の上半期最後の満月です。素晴らしい下半期を迎えられるよう、自分の夢と理想を邪魔しているものをチェックして積極的に手放していきましょう。
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock