認知症の父が鉄道事故で死亡 被告となり720万円をJRに請求された息子

ざっくり言うと

  • 認知症の父親を鉄道事故で亡くした息子とJR側との戦いを取り上げている
  • JR側は家族の監督義務不足を責め、損害賠償として720万円を請求
  • 第一審では全面的に敗訴したが、最高裁で逆転勝訴をつかみとったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング