邦画主題歌は初となる「E-girls」 (C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会
(C)有賀リエ/講談社

写真拡大

 岩田剛典(「EXILE」「三代目J Soul Brothers」)と杉咲花がダブル主演する映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の主題歌を、ダンス&ボーカルグループ「E-girls」が担当していることがわかった。同グループにとって、邦画主題歌は初。楽曲「Perfect World」を書き下ろしている。

 有賀リエ氏の人気漫画をもとに、「流れ星が消えないうちに」の柴山健次監督がメガホンをとり実写化。突然の事故で下半身に障がいを持ち車イス生活になってしまった建築士・鮎川樹(岩田)と、初恋相手の樹を一途に思い、悩み、もがきながら一緒に前を向いて生きていこうとするインテリアコーディネーター・川奈つぐみ(杉咲)の純愛を描いた。

 E-girlsリーダーの佐藤晴美は、主題歌担当について「本当の愛にせまるようなとてもステキな映画で、ポップな曲が多いE-girlsですが、今回この映画の主題歌をやらせていただきまた新たな一面を発見できたことがとても嬉しいです」と語り、映画の感想を「とっても号泣してしまいました。本当に大事にしたいものがあると人間ってここまで頑張れてこんなに強くいれるのかと、主人公の姿見て胸を打たれっぱなしでした」と明かす。

 ボーカルの鷲尾伶菜は、「ミディアムバラードで、映画の物語や主人公の心に寄り添った歌詞がとても切ないです」といい、「(映画は)どのような形でも人を愛する事の大切さに涙し、その思いの深さにただただ感動しました。無償の愛って素晴らしいなと改めて感じた作品でした」と述べる。藤井夏恋は「ハンカチを片手にご覧ください!」「ぐっと感情が込み上がるシーンがたくさんありました。涙が溢れましたし、思わず誰かに寄り添いたくなるようなそんな温かな気持ちにもさせてくれました」とアピールし、武部柚那は「原作の漫画を読んでいて、すごくファンだったので、まさかその漫画の映画化の主題歌を歌わせて頂けるのはすごく光栄です」「真っ直ぐすぎる恋にすごく胸が打たれると思います。大切な人との時間をもっと大事にしよう、今生きている一瞬一瞬を無駄にしないよう前を向いて生きよう!そう感じさせてくれる作品です。ぜひ、劇場へ」と呼びかけている。

 「パーフェクトワールド 君といる奇跡」は、10月5日から全国公開。