相性は時として残酷なもの。好き合って付き合ったのに、すぐに別れてしまうカップルもゼロではありません。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“数秘術”を用いて相手をみてみましょう。数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって、1980年3月14日生まれの人のナンバーは“8”です。

 

■ナンバー1・8のタイプ…頑固な相手とはソリが合わない

1と8の数字のあなたは、恋愛においてかなり我が強い性格。そのため、頑固な相手とはぶつかってばかりなので、上手くいかずにケンカ別れの恐れが。

1の人はなんでもストレートに口に出すタイプですが、4の人は口に出さずに態度で示す性格。お互い頑固なところは共通しているので、ケンカが絶えなそう。

8の人は向上心が強く何事も一生懸命な性格の持ち主。一方、7の人は流されやすく、その時々の気分を大切にする傾向が。一緒にいると口論になる相手かも。

 

■ナンバー2・9のタイプ…「軽い」相手には軽蔑を隠せない

2と9の数字のあなたは、口先だけの相手やノリが軽い相手を、どこか信用できないと感じてしまいがち。どこか軽蔑している気持ちが、顔に出て別れになってしまいそう。

2の人は、何事もキチンとしていたい完璧主義なところが。しかし3の人はテキトーなところが目立つため、2の人がイライラしてしまう結果に。

9の人は正義感が強く、何事もバランスをとろうとする傾向が。一方、5の人は野心家で極端な行動を取ってしまいがち。お互いついていけないと感じる結果に。

 

■ナンバー3・5・6のタイプ…慎重な相手とは話してもつまらない

3と5と6の数字のあなたは、慎重でマジメな相手とは話していてもつまらないと感じてしまいがち。合わないうちに自然消滅してしまう結果に……。

3の人は、自由人で人生を楽しむタイプ。2の人のお堅い性格にはどうもついていけません。付き合うと束縛されることもあるため、息苦しくて仕方ないでしょう。

5の人は同じ5の人に苦手意識を持つようです。相手の本心や腹黒さが見えてしまうため、付き合っていても白けてしまうようです。

そして、6の人は好きな相手の全てを知りたいと感じる性格。9の人の本心を見せない性格とはソリが合いません。傷ついた末に別れを選びそう。

 

■ナンバー4・7のタイプ…やたらと干渉してくる相手が苦手

4と7の数字のあなたは、自分のテリトリーにやたらと干渉してくる相手が、大の苦手。あれこれとダメ出しされるうちに、キレて「もう別れる!」と口に出してしまいそう。

4の人は、自分のスタイルを崩したくないタイプ。しかし、1の人はグイグイとテリトリーに入り込んでダメ出しをするところが。初めは好きでも嫌いになってしまうかも。

7の人は、恋に恋するロマンチスト。しかし、8の人はお金のことや時間のことに口うるさい現実主義者。一緒にいると疲れ果ててしまうでしょう。

 

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※  View Apart/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】