米国のドナルド・トランプ大統領(左、2018年5月22日撮影)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右、2018年5月9日撮影、同月10日朝鮮中央通信が配信)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【5月26日 AFP】韓国大統領府(青瓦台、Blue House)の金宜謙(キム・ウィギョム、Kim Eui-kyeom)報道官は26日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がいったんは中止を発表した米朝首脳会談が開催される可能性が出てきたことについて、米朝首脳会談の「残り火が再び燃え始めたのは幸いなことだと思っている」と歓迎し、進展を注意深く見守っていると述べた。
【翻訳編集】AFPBB News