ワイドショーを連日にぎわせていた不倫騒動は落ち着いてきましたが、不倫自体が世の中から消えたわけではありません。有名人じゃないからと安心しきって堂々と不倫を続けている女性たちに、普段どんなLINEを送りあっているのかを聞いてみました。

文・三谷真美

【みんなの恋テク】

W不倫をしているカップルのLINEとは?

俺のベッドに来い。一緒に寝よう

「彼とのホテルデートのあと『今日も愛が深まったね』なんてLINEがくるんです。しばらく『大好き』とか言い合ってると『俺のベッドに来い。一緒に寝よう』って。本当に一緒に寝たいんですけど、お互い家庭を捨てる気はないので、お泊まりだけはしないことにしています」(33歳・会社員)

どちらか片方だけが既婚者の場合、独身の人が我慢する形になるけど、W不倫だからこそお互いが納得して “お泊まり” という一線を超えないですむそう。「もし彼が離婚したらどうする?」と質問したところ「今のバランスが崩れるから離婚されては困る」とのこと。好きな人を独占したい! という気持ちのないカップルもいるようです。

ずっと抱きしめていたい

「私が『お昼ごはん作ってるー』って彼にLINEを送ったら、『俺も食べたいな。旦那がうらやましい』『早く会いたい』『ずっと抱きしめていたい』とか、たくさんのハートマークつきで返信が。旦那はそんなLINEしてこないし感謝もされないけど、彼との関係があるからこそ不満をおさえながら家庭を続けられているんだと思います」(31歳・主婦)

若いころや付き合いたてなら当たり前のように送っていたラブラブLINEですが、だんだんしなくなりますよね。そんな状況のなか、男性から甘い内容のLINEが届いたらフラッと気持ちが傾いてしまうのかもしれません。

ラブラブLINEをするのが不倫の醍醐味?

「普段はしないようなラブラブLINEをするのが楽しみ……むしろそんなイチャつきがなかったら不倫をしていても楽しくない」そうです。ひと口に不倫と言っても、彼女たちは体の関係だけでなく、心の寂しさを埋めているのかもしれません。

©g-stockstudio/Gettyimages©LightFieldStudios/Gettyimages