コンゴ民主共和国を流れるモンボヨ川沿いの都市、モンコトとムバンダカの位置を示した図。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】コンゴ民主共和国で、川を航行していたボートが沈没し50人が死亡した。当局が25日、発表した。

 事故は23日夜、同国北西部を流れるモンボヨ(Momboyo)川で発生。ツアパ(Tshuapa)州の副知事はAFPに対し、「24日に49人、25日朝にもう1人の遺体を発見した」と話した。

 地元住民らの話によれば、ボートはモンコト(Monkoto)から赤道(Equateur)州の都市ムバンダカ(Mbandaka)へ向けて乗客と大量の貨物を運んでいたという。

 副知事は「沈没原因と行方不明者数は現時点ではわかっていない。捜索を進めるため、州政府はすでに現場へチームを派遣した」と述べるとともに、ボートは政府による安全規則に反して夜間に航行していたと指摘。ライトも付いていなかったという。
【翻訳編集】AFPBB News