女優の石原さとみ(31)が7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」で主演をつとめ、華道家役に初挑戦すると一部スポーツ紙が報じた。
 
記事によると、石原は約8年前に野島氏と対面。以来、野島氏の脚本によるドラマ出演を熱望。そして今回、ようやく実現したという。
 
石原が演じるのは道の名門「月島流」本家で圧倒的な美貌と才能を持ちながらも、孤独で繊細な主人公。そんな主人公が婚約者の二股交際や挙式当日の結婚破談に陥るなか、初共演の銀杏BOYS・峯田和伸(40)演じる平凡な自転車店主との“超格差恋愛”が描かれる。
 
「野島氏といえば、『家なき子』(日本テレビ系)、『高校教師』、『未成年』(いずれもTBS系)などのヒット作を連発した大御所。いっぽうで過激な描写も多いこともあり、『作品への出演はリスクが高い』との声もあがっていました」(芸能記者)
 
そんななか「(野島作品を)30歳を超えて何が何でもやりたくて、その夢がかなった」と喜びのコメント寄せている石原。彼女にとっての“勝負作”となりそうだという。
 
「昨年の主演ドラマ『アンナチュラル』では法医解剖医を演じ、新境地を開拓。またプライベートでもIT社長との交際が報じられるなど、非常に充実しています。そんななか、彼女は『今は挑戦したい』ともらしており、その熱意が8年越しの悲願へとつながったようです」(テレビ局関係者)
 
野島氏とのタッグにより、石原の“本気”が見られるドラマになりそうだ。