フジテレビ

写真拡大

 フジテレビが25日、東京・台場の同局で定例社長会見を行い、報道番組「プライムニュースイブニング」(月〜金曜後4・50)の番組プロデューサーのパワハラを認定し、減給処分としたと発表した。

 会見で宮内社長は「規定にのっとって会社から処分を出した」と言及。担当者が「被害者の方から申し出がありまして、なにがしらの処分をしようということで今回の処分にいたりました。加害者本人は減給処分。上長3人は管理不行き届きでけん責ということとなりました」と処分内容を説明した。

 パワハラの内容については「職務上のものを超え、不快にさせる言動があったということでハラスメントと認定しました」と説明した。