メイクでわかる周りにアピールしたい自分 リップに力を入れる人は「官能的な自分」

写真拡大

 思春期になると、たいていの女性はメイクをするようになります。これは、人にどう見られるかが気になり出すためで、とても健全なことです。さて、メイクをする際、「眉」「目」「頬」「口」といったパーツのどれを一番強調していますか? 強調するパーツで、「人からこんな風に見られたい」という願望や、世間に向けてアピールしたいところがわかります。

■眉……「意思的な自分」をアピールしたい
 眉メイクに力を入れるあなたは、意思的で凛とした姿を世間にアピールしたいよう。いわゆる「できる女」を目指していて、男性に媚びを売るような同性には軽蔑の眼差しを向けているのではないでしょうか。主義主張が強くなっているので、周囲とぶつかることも多いかもしれません。力みすぎないように注意して、ポジティブな姿勢を前面に出していくと、自分の株を上げていけるでしょう。

■目……「魅力的な自分」をアピールしたい
 アイメイクを際立たせているあなたは、本質的に自己愛が強い人。自分に自信を持っているか、自信がなくてもできるだけ魅力的な存在になれるよう努力を惜しまないでしょう。そんなあなたが目指しているのは、「誰からも愛される人気者」のよう。周囲から自分が一番と言われたい。もっと愛され、必要とされたい。そのために、魅力的な自分の姿をアピールし続けているのでしょう。

■頬……「自分の状態」をアピールしたい
 チークを欠かさず入れるあなたは、人に弱みをみせたくないタイプのよう。頬に赤みをのせることで、自分が置かれている状態が幸せなものであるとアピールしたいのでしょう。また、雰囲気美人を目指しているところもあり、「和み系」「優しそう」などと言われたいのかもしれません。あなたが年配者である場合は、実年齢よりも若くハツラツとした状態をアピールしたい気持ちもあるようです。

■口……「官能的な自分」をアピールしたい
 リップメイクにポイントを置くあなたは、官能的な自分を世間にアピールしたいタイプ。「色っぽい」「セクシー」などと言われることを期待して、異性の気を引くように振る舞うことが多いのではないでしょうか。そんなあなたは、ときに強すぎるセックスアピールのせいで、同性の反発を受けることもありそう。職場など、性を武器にしてはいけない場所では言動を慎むようにしましょう。

 パーツメイクに時間をかける人ほど、そのパーツが意味する内容をアピールしたい気持ちが強いタイプです。逆に、ササッとリップを塗って、それで終了という人は、官能的な自分をアピールしたい人というよりは、女としての自分を最低限保っていたいタイプでしょう。なお、どのパーツにも手を抜かないフルメイクが基本の人は、すべてをアピールしたいタイプといえそうです。
(夏川リエ)