「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2017」の様子/(C)TOKYO-SKYTREETOWN

写真拡大

東京スカイツリータウン及び業平橋・押上エリアでは、5月26日(土)・27日(日)の2日間「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2018」を開催する。

【写真を見る】ご当地キャラブースの様子(写真は過去開催の様子)/(C)TOKYO-SKYTREETOWN

今年で6回目の開催となるこのフェスティバルには、東京スカイツリー(R)公式キャラクターの「ソラカラちゃん」「テッペンペン」「スコブルブル」のほか、おしなり商店街のイメージキャラクター「おしなりくん」など地元のキャラクターや「くまモン」「ふなっしー」といった全国各地のご当地キャラクターが参加する。

各特設ステージでは総勢約100キャラクターによるパフォーマンスが行われる。また、初日の5月26日(土)には大横川親水公園内特設ステージにおいてオープニングセレモニーが開催される。

大横川親水公園会場では全国各地の参加団体によるご当地キャラブースが出展。特産品やお土産の販売のほか、キャラクターと触れ合えるグリーティングが行われる。

東京スカイツリータウン4階・スカイアリーナの特設会場では、全国各地から集まった10品目のご当地グルメブースを展開。今年は新たに、神奈川県厚木市の「厚木シロコロ・ホルモン」、埼玉県深谷市の「ふかやカレーやきそば」、埼玉県鶴ヶ島の「つるゴンからあげ」が出品される。

そのほか、おしなり商店街の企画参加店舗20店舗では、1店舗で税込合計500円以上の買い物をした人限定で、イベントオリジナル缶バッジを1個150円で販売するほか、2日間限定でキャラクターコラボ商品が登場。かっぱの仲間とコラボした業平キムラヤの「かっパクッきー」や、ちりゅっぴとコラボしたみりん堂「手焼き煎餅」、ちょうせい豆乳くんとコラボしたBrancheの「抹茶豆乳オレ」の3種が各店舗にて販売される。(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)