探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。会社経営をしている小倉海斗さん(仮名・35歳)は、結婚してから10年間ずっと、奥様の浮気に悩んでいたと言います。私達のカウンセリングルームにいらしたときに、あきらめたような表情をしていたことが印象的でした。

「妻は中学校の先輩で、5歳年上です。そのかわいさと美しさは伝説になるほどで、僕が入学した時も語り継がれていました。他校から彼女を見に来る人もいましたし、芸能事務所からスカウトが来たこともあったそうです。伝説の美少女だった妻と僕が出会ったのは、大学生の時の合コン。向こうはOLで、僕は超名門といえるくらいの私立大学に進学していたので、向こうの方からアプローチしてくれたので“これで人生に勝った”と思ったことを覚えています」

その後、2人はなんとなく付き合い始め、子供が授かったことを機に、海斗さん25歳、奥様30歳のときに結婚。

「でもすぐに流産したとの報告があって、今思うと、妊娠も嘘なんじゃないかな……と思うんですよね。母子手帳をもらったわけでもないし。でもまあ彼女のことは大好きですし、一緒に歩いている時にみんなが振り返ると、嬉しくなりますよね」

海斗さん自身も、背が高くマッチョな塩顔で、イケメンと呼ばれる部類に属します。奥様の写真を拝見すると、ツヤツヤのロングヘア、豹柄のワンピースに身を包み、芸能人のような雰囲気を醸し出していました。

「結婚してからは、独身と偽って合コンに参加したり、内緒で男友達と2人で飲みに行き、朝まで帰らないことも多々ありました。でも僕も仕事が忙しかったし、妻も結婚してからも仕事を辞めないので、結婚生活に支障がなければそれでいいと思っていました。僕、専業主婦願望がある女性がダメなんですよね。母がキャリアウーマンで、生き生きと働いていたので、そういう女性が好きなんです」

しかし、黙って奥様の浮気を黙認している海斗さんではありませんでした。奥様は他人の子供を妊娠する可能性もある。それを海斗さんの子供だと言われないために、浮気の気配を察知すると、探偵をつけていたのです。

「結婚10年間で、15人以上の男性と関係を持っており、使った調査費用は1000万円を超えています。それでも離婚しないのは、妻以上の人がいないことが解っているから。僕くらいの収入があると、プロ彼女みたいな人が寄ってくるんですよ。それで何かとタカろうとする。まあ、僕もちょくちょく遊んでいますけれど、やっぱり妻がいい。これまでの調査結果は、妻に見せて、そのたびに向こうは激怒しています。僕も煽られて怒りそうになりますが、ホレた弱みがあるので、ケンカにならないように気持ちを押さえてしまうんです」

探偵の強敵は、調査慣れした妻!尾行を巻く達人に対して、打つ手は?

あまりに調査が入っているために、奥様は浮気相手と会う時に、途中で帽子をかぶったり、バッグを変えたりして、探偵を巻いてしまうそうです。確かに、人込みで尾行することもあるので、身に着けているアイテムは手掛かりになります。しかし、私達は浮気の調査の回数を重ねているので、アイテムを変えたくらいでは、見失うことはありません。

「今回の相手は、ちょっと本気っぽいんですよね。妻はワイン関連の仕事をしているのですが、ある日曜日の早朝に、突然“今日、大切なお客様がいらっしゃるので、会社に行かなくちゃ”といそいそと出ていったのです。優良顧客が急に日曜日に会社に来ることがあるのか?と思いながら妻の帰宅後に財布を見たら、新宿区内のコンビニのレシートが入っていたんです。妻の会社は品川区にあるので、真逆の方向。今までの浮気は、平日の夜に出て行っていた。日曜日は夫婦の時間だったのです。そこに本気を見て、ヤバいと思いました」

海斗さんは奥様を問い詰めようと思ったようですが、警戒されては不利になるので、見なかったことにしたそうです。そして、奥様のクローゼットの内側にかかっているカレンダーを見たそうです。

「妻は予定を紙のカレンダーに鉛筆で暗号のように書き込み、朝にそれを見ながら身支度をするんです。そこには、仕事や家族の予定に混じって、月に2回ペースで“☆”が書いてあるんです。すごく小さく書いてあるので見落としそうになりました。ちなみに、僕と夫婦関係を持った日には“★”が書いてあります」

この☆マークは、2か月前から付いており、妻が台湾出張だと言った日には、1日二個の☆がついていたといいます。☆のマークの前日には、“エ”(エステの略称)、“ネ”(ネイルサロン)などが書いてあり、相手のために着飾って、美しく見せようとしているところに傷ついたと言います。

「妻は交友関係が広く、相手が誰だかわからないのです。前の浮気とは違い、今回は本気っぽい。だからこそ、証拠をきちんとおさえ、相手の男性と別れて欲しい。妻は探偵慣れしているので、最近は調査も空振りが続いています。どうか証拠をつかんでください。お願いします」

奥様は男性から花やジュエリーのプレゼントをされまくっており、「花束が家に増えると、浮気が始まっていると疑う」と依頼者・海斗さんは語っていました。

カレンダーの“エ”(エステ)の日が怪しい……ベテラン探偵は、尾行慣れ妻の足取りをつかめるのか……〜その2〜に続きます