夏の気配を感じると着たくなるのが、さわやかなマリンルック。

でも、ボーダーシャツにデニムのコーディネートは、もうやり過ぎて飽きた感じ...。

そこで参考にしたいのが、今回の「CHANEL(シャネル)」クルーズコレクション。

着たいけどマンネリ化してるマリンルックをグレードアップするインスピレーションにあふれています。

まるでタイタニック。巨大な客船が会場に登場

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

5月3日にパリ・グランパレで開催されたシャネル2018 / 19クルーズのショー。

最近では、ロケットや滝など、いつも会場の大スペクタルに驚かされるこのメゾンですが、今回はタイタニックばりの巨大客船が登場しました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

ココ・シャネルが愛した、モンテカルロのサマーハウスから名付けられた船「La Pausa」。

美しい星空のもと、港に停泊した船の横を次々と登場するモデルたちが、開放感にあふれた南仏の夜を彩ります。

シャネル風マリンはツイードのベレー帽で決まる

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

今回、コレクションのメインは「マリンルック」。ネイビー × 白のルックがたくさん登場しました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

シャネルのアイコンであるツイードスーツも、さわやかな印象のものばかり。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

マリンと聞いて思い浮かぶボーダーにいたっては、色もボーダーの種類もとにかくバリエーション豊か。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

そして、すべてのコーディネートに合わせたツイードのベレーに目が釘付けになりました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

マリンルックに上品に合わせたベレーがとてもかわいい!

いますぐ着たくなるワイドパンツのマリンコーデ

個人的にお気に入りのルックは、最初に登場した、ベレー × 白ニット × ボーダーのワイドパンツのコーディネート。

シンプルながら、これぞ贅沢な日常着といった感じでツボです。いますぐ着たい!

3つのバリエーションが登場したので、自分好みのパターンを見つけるのも楽しそう。

メイクにも取り入れたいノスタルジックマリン

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

さらに注目したいのが、ランウェイを歩くモデルたちの印象的な目もと。

コレクションのイメージにぴったりな、ネイビーをアイホールいっぱいに伸ばした大胆なメイク。

それに生き生きとした強い眉とナチュラルな口もとで、モードながらさわやかでフレッシュなイメージです。

さっそく取り入れたいなら、カロリーヌ・ド・メグレがレクチャーするこちらの動画が参考になります。

コレクションメイクのイメージをちょっとナチュラルに仕上げているので、明日からでも日常的に実践できそう。

小松菜奈さんも。華やかな顔ぶれが彩ったコレクション

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

シャネルのコレクションと言えば、現代のミューズと呼ぶにふさわしい、ゴージャスな顔ぶれをチェックするのも楽しみです。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

ランウェイに登場したジジ & ベラ・ハディッド姉妹、そしてゲストの常連のクリステン・スチュアートやリリー = ローズ・デップ、主演映画が話題のマーゴット・ロビー、日本からは小松菜奈さんらが出席し、会場を華やかに盛り上げていました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

突き抜けた演出やスケール感から、ファッションを超えたひとつのカルチャーとしても毎回楽しみにしているシャネルのショー。

しかし、今回はリアルクローズとして参考にできるような、純粋にファッションとしてのインスピレーションを与えてくれました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 -

シャネル風にベレーを合わせるノスタルジックなマリンルック。

髪のトラブルが起こりやすい憂うつな梅雨に挑戦してみたいアイデアです。

[Evening Standard., CHANEL]

写真/gettyimages