【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(6月号・後編)【カツセマサヒコ】

写真拡大 (全26枚)

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

女性誌「ar(アール)」の見所をオトコの(というよりは僕の)独断と偏見で紹介していく当コーナー。前編に引き続き、今回も「ar(アール)」6月号のミドコロを徹底解剖していこうと思います!

6月号の前半はコチラ

まずは、コチラから!!!!

 

いきなり寝顔からとかズルくない!?

と呼吸困難寸前になりながらツッコミをいれる女性読者の皆さんが目に浮かびそうな今月号後半、北村匠海さんが全力で殺しにかかってきています! 酸素ボンベの準備はいいかーーーーッ!!!

 

「ん? 呼んだ?」

って顔しないでーほんとやめてー罪すぎるからこっち見ないでー?って思いますし、

 

横顔が甘すぎて、どっちがビスケットかわからないでしょ。

 

「彼のために無理しすぎないで」ってメッセージもすごくステキ。「付き合ってからその頑張りがはがれないように、自分の許容範囲でやるのがいいと思います!」ってほんと背中押される〜! 恋する全ての女子に届いてほしい尊さでした。

 

あと、極秘情報なんですけど、この水色のマグカップ、撮影当日に居合わせた女性スタッフの私物らしいです。そのスタッフ絶対妊娠したし、死ぬまで洗わずに保管するのが目に見えました。この業界羨ましすぎでしょ。 

 

カラダ映え服がクる!

続いて紹介するのは、カラダ映え服〜!

「オンナならではの曲線を味方に気分をアゲに上げて、新しいLOVEもゲットしたいトコロ」とのことで、なんともセでクでシーな服の目白押しでございます。どんな感じかと言うと〜

おっぱーーーーーい!!

なんで男はこの言葉だけで元気になれちゃうんですかね? 「バスト強調コーデ」ってだけなのに無駄にテンションがあがってしまいました。

ちなみにこんなに堂々と「OPPAI」って書いてあるのもウケる。バストとかいろんな言い方できるだろうに意地でもOPPAIな姿勢が最高にarです。

ほかにもヒップを強調するデザインやくびれ、肌チラを魅せる服が登場するのですが、ひとつ思ったことがあるので、言っていいですか?

 

やっぱり比留川さんのスタイルが元から良いから良く見えるだけじゃね……?

こんなに腰の位置が高い人類、リアルで出会ったことが一度もないんですけど。美容室とかアパレルショップ行って「これと同じ感じにしてください」とか言っても「人は変われません」と言われて終わりそうな気がしてしまった。比留川さんはキレイすぎて反則という話でした。ちなみに、

それでも僕はこういうワンピースで勝負できちゃう女の人が大好きです。ごめんなさい。
NEXT:カツセさんの水着テンションについていく準備、できてますかー!????

大・出・血! 水着特集!!

そして男性諸君―!!! お待たせしましたー!!! 今年も生唾ゴックン水着祭りの始まりだぞー!!! 女子は冷めた目で見ててくれよなー!!!!!!!!!!!!

 

うっひょーーーーーーーーーー!!!!!!

 

うっひょひょひょーーー!!!!!!!!!!!!!!

 

最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!

って下半身が激しくアールアールしちゃってる僕ですが、でもこれ見てて思うんですけど、

 

女性誌でここまで巨乳な人をモデルに使うのって、これまた参考にならなくない? 

まな板業界がカンカンに怒ってるのが容易に想像ついちゃうんですけど。もっとボーイッシュなお胸をしている人たちにもオシャレに見えるやつ紹介してあげればいいのにね。

と思っていたけれどしっかりトレンドは押さえてます。今年は水着にもワンショルが流行りそうだし、

あとノンワイヤーの水着とかめちゃくちゃエロく感じるのは僕だけですか? 「それこそ巨乳専用でしょ」とかそんなことないと思うんですよ。ビスチェは絶対エロい。

でも「ベロア素材の水着トレンドが来てるって知ってた?」って書いてあったんですけど、それもう泳ぐ気ないだろと思いました。

  

「『○○だけ』がハードル高い」

最後に紹介するのは、ar編集部が実際に1カ月チャレンジした「○○だけダイエット」〜!!!

 

水を1.5リットル飲むだけで、体脂肪率が-2.8%! とか、

スクワットするだけで太ももが-1.5cm など、ひたすら1カ月、続けられそうなことだけ続けた結果どうなるか? を検証してくれている、地味に大変だったことが想像できる企画なんですけど、

「きゅうりを食べる」とか「なわとび跳ぶ」なら、「だけ」にも納得できるんですけど、

「渋谷DSクリニックに通うだけ」は他力本願すぎるし、

「ビリーズブートキャンプやるだけ」は鬼ハードル高くないっすか?

これ絶対に編集部でいちばんジャンケン負けた人がやったでしょ。体重-2.5キロ落ちてウエスト-1.8落ちてるけど、それ以上のしんどさがあったんじゃないかと思って紹介したいと思いました。お疲れ様でした。

 ほかにも「歌うだけ」とか「メディキュットはいて寝るだけ」など、さまざまなダイエットに挑戦してくれています。「これから何やろう〜?」と考えている人はぜひ買ってみてください!

 

おわりに

そんなかんじで、「ar(アール)」6月号のミドコロを非難覚悟で紹介させていただきました!

大好きなあの人に好かれたい!と奮闘している女子! がんばってー!!!

またね〜〜〜!!!

 

これまでのカツセさんの連載はコチラ

 

 

そもそも「ar(アール)」ってどんな雑誌?


「ar(アール)」のコンセプトは、「ひとりモテ」。「ひとりモテ」というのは「自分の好きな人にだけモテる」という意味なんですが、「ファッションもビューティーもヘアも、全部好きな人のためにがんばるよ!」っていう女子を応援するためのトータルコーディネート誌なのだそうです。何それかわいい。好き。

 

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた