新潟の女児殺害 事件現場の街ならではの「死角」が夢を奪った

ざっくり言うと

  • 女児が殺害された新潟の街・小針ならではの死角について、週刊新潮が伝えた
  • 事件当日、女児は小学校を出て数分の踏切を渡ったのを最後に、行方不明に
  • 踏切周辺は商店がなくて人通りが少なく、道の先がドンツキで静かだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング