今年の夏こそ挑戦したいのが、トップスにキャミソール1枚だけをさらっと着こなすコーデ。

だけど、身体のラインが出てしまうし、ものによっては胸もとが開いているので、いやらしい印象になってしまう気がして躊躇していました。

そんなときに参考にしたいのが、パリジェンヌ。

夏のパリで見かける彼女たちは、とてもシンプルかつヘルシーにキャミソールを着こなしています。

白キャミソール × ワイドデニムが定番スタイル

Louise Follainさん(@louisefollain)がシェアした投稿 -

ベーシックな白のコットンキャミソールは、どんなコーディネートとも相性抜群な1枚です。

パリジェンヌの定番スタイルは、ワイドデニムとの組み合わせ。

身体のラインが出るキャミソールも、ハイウエストのワイドデニムと合わせれば、脚長・スタイルアップ効果があります。

コーディネートがカジュアルな分、メイクやアクセサリーで女性らしさを表現するのがコツ。

身体のラインが気になるときは、小物で視線を散らして

白のキャミソールをスカートと合わせるなら、ミモレ〜ロング丈のものを選ぶと上品にまとまります。

無地のスカートだと味気なくなってしまうので、小花柄やドット柄、チェック柄を合わせるのがおすすめです。

また、かごバッグもパリジェンヌのマストアイテムのひとつ。彼女のようにビッグサイズのバッグを持つことで視線がバッグに集まり、体型もカバーしてくれます。

あまり身体のラインを見られたくないというときに実践したいテクニック。

焼けた肌とビラミンカラーで健康的に

デザインに凝ったキャミソールは、元気のよいカラーパンツと合わせて。露出が多くても、恥ずかしがらずに堂々と着ることが大切です。

少し日焼けした肌に真っ白なキャミソールとビタミンカラーのパンツが映えて健康的。

休日のアウトドアや旅行に着たい組み合わせです。

セクシーさはクラッシュデニムで引き算する

Sabina Socolさん(@sabinasocol)がシェアした投稿 -

シルク地 × レースのキャミソールは、とてもフェミニン!

そんなアイテムを、あえてカジュアルなクラッシュデニムと合わせて、セクシーさを引き算するのが、いやらしく見せないコツです。

ただし、シルクのように伸縮性のない素材のキャミソールは、サイズ選びを間違って胸もとがだるだるになってしまわないように、購入時にきちんと試着することをおすすめします。

羽織はシャツでメンズライクに決める

Chloé Bleincさん(@chloebbbb)がシェアした投稿 -

キャミソールに合わせる羽織として、選ばれることが多いのがカーディガン。

でも、パリジェンヌから多く支持されているのはシャツです。メンズライクなニュアンスを加えることができるので、かっこよく着こなせます。

よりメンズ感を出したいなら、少しオーバーサイズのシャツを選ぶか、思い切ってメンズシャツを着るのもいいかも。

ブラの紐には注意

すべてのキャミソールコーデに共通して言える注意点は、ブラジャーの紐が見えないようにすること。

ブラの紐が見えるだけで、だらしなく、いやらしい印象になってしまいます。

パリジェンヌは透明タイプのストラップに変えるか、ヌーブラあるいはニップレスを使っていることが多い様子。

露出の多くなるキャミソールですが、うまく着こなすことができれば、暑い夏に大活躍すること間違いなしのアイテムです。

写真/gettyimages