台湾女子二人組が考案!
キュートで美味しい台湾の味

 MRT中山駅の近くに位置する赤峰街。この一帯は元々、バイクや自動車の部品工場が並ぶエリアでしたが、ここ数年は個性的なショップやカフェなどが次々とオープンしています。若者たちの間で急速に人気を集めている赤峰街に誕生したのがラング・ド・シャの専門店「赤峰猫舌菓」です。


雰囲気のある路地裏に昔ながらの町工場と洒落たショップが点在。散策が楽しいエリアです。

 オーナーのチャーリーさんは日本に留学後、商社に勤めていた人物。多くの日本人とやりとりをする中、手頃な台湾土産がないことに気づいたと言います。そして、パイナップルケーキに代わる新しい商品を創りたいと一念発起。そして考え付いたのが、「持ち帰れる台湾の味」をコンセプトにしたラング・ド・シャのお菓子でした。

 チャーリーさんは友人のパティシエである楊さんと研究に研究を重ね、タピオカミルクティー(珍珠奶茶)と杏仁豆腐をモチーフにしたラング・ド・シャができあがりました。現在はキンモクセイ(桂花)烏龍茶味も加わって、全部で3種類。そのほか、ハイビスカス(洛神花)味や、桑の実とコウリャン酒味など、新商品の開発にも余念がありません。なお、防腐剤や香料などの添加物は一切使用していません。


店名の「猫舌菓」とはフランス語の「ラング・ド・シャ(猫の舌の意味)」の中国語訳。表面のざらっとした食感が猫の舌に似ていることに由来します。


チャーリーさん(右)と楊さん(左)。楊さんは若いながらも有名なカフェや洋菓子店でパティシエとして活躍していた人物で腕は確か。

 この店がユニークなのは、商品だけではありません。なんと、ここには店舗がなく、駐車場だった空き地にテントを張っただけのシンプルなブース。「資金を節約するだけではなく、毎日をイベント感覚で楽しみたいから」というのがその理由。

 クリエイター仲間にも呼びかけ、将来的にはブースを増やしていくことも計画中だと言います。言ってみれば、台湾の若者たちが放つエネルギーに触れられる空間でもあります。


高校でデザインを学んでいたというチャーリーさん。インテリアやパッケージにそのセンスが光ります。

驚きの再現度! 
タピオカミルクティー味

◆珍珠奶茶猫舌菓
 6枚箱入り200元、袋入り150元


左がタピオカミルクティー味、真ん中が杏仁豆腐味、右がキンモクセイ烏龍茶味。タピオカミルクティー味は、半年以上研究と改良を重ねてできあがったもの。

 タピオカミルクティーの味を見事なまでに再現しています。ミルクティーの部分はホワイトチョコレートにアッサム紅茶を加えたもので、ほど良い甘さとなっています。また、タピオカは黒糖味のゼラチンを使用。タピオカではチョコレートとの相性が良くないため、ゼラチンを水分調整し、弾力性のある食感に仕上げています。

 なお、ベストな賞味期間は1週間程度。期限を過ぎるとゼラチンが硬くなってしまうのでご注意くださいとのこと。

上品な甘さと香りの杏仁豆腐味

◆杏仁豆腐猫舌菓
 6枚箱入り200元、袋入り150元


2種類各5枚入りを箱に詰めたものも人気(300元)。

 ホワイトチョコレートに杏仁粉を加え、上にはドライアプリコットをのせています。杏仁粉は本物の杏仁(杏の種)をすり潰したもので、香料などは不使用。杏仁豆腐の匂いが苦手という方でも、クセを感じることなく美味しくいただけるはずです。賞味期間は2週間程度。

キンモクセイの香りが漂う烏龍茶味

◆桂花烏龍猫舌菓
 6枚箱入り200元、袋入り150元


簡易包装の袋入り。「庭のキンモクセイの花を使ってみたら?」というチャーリーさんの母親の提案で始めた新商品。

 チョコレートの部分には台湾産高山茶が加えられ、ちょっぴりビターな味になっています。上にまぶしたキンモクセイは、チャーリーさんの実家の庭に植えられているもの。しっかりと洗浄した後、オーブンで水分を飛ばし、さらに天日干しをしています。

 無農薬栽培なので安心して食べられます。賞味期間は2週間程度。

赤峰猫舌菓
(ツーフォンマオサークオ)
所在地 台北市大同區承徳路二段53巷12號
交通 MRT中山駅5番出口から徒歩5分
電話番号 02-2556-9186
営業時間 13:00〜18:00
定休日 月曜
https://www.islandtime.com.tw/

文・撮影=片倉真理