「沖縄展」が新宿・京王百貨店で - フードやスイーツ、工芸品など約50店舗が出店

写真拡大

「沖縄展」が京王百貨店新宿店にて、2018年5月31日(木)から6月5日(火)の期間で開催される。

「沖縄展」では、沖縄県のグルメやスイーツ、工芸品を扱う店舗が一堂に集結。現地でも話題の喫茶やジェラート、八重山そばなど、初登場の9店舗を含む約50の店舗が登場する。

京王百貨店初登場の人気フードたち

喫茶ニワトリ「ドラゴンフルーツとシークァーサーのかき氷」

「喫茶ニワトリ」は浦添市にある食パン専門店「イッペコッペ(ippe coppe)」が、4月から9月頃にかけて期間限定で営業する喫茶店。今回は人気の「ドラゴンフルーツとシークァーサーのかき氷」を実演販売。沖縄のフルーツを使った果肉感あるシロップをかけた、他では味わうことのできない一品だ。

ココベーグル「沖縄タコスベーグルサンド」

「喫茶ニワトリ」と同じく浦添市に店舗を構えるベーグル専門店「ココベーグル」。保存料や合成着色料はもちろん、バター・卵・牛乳も使用せずに仕上げたベーグルを使ったベーグルサンドは、素材本来の味を楽しむことが出来る。

沖縄の食材を味わえる充実のイートイン

平良商店「八重山そば」

細丸麺、豚とカツオから取るスープ、「ヒバーチ(島胡椒)」を合わせた「八重山そば」を提供するのは2014年に石垣市にオープンした「平良商店」。豚と鶏ガラを合わせ3日間かけて仕込んだダシと、カツオダシを絶妙なバランスで合わせたスープはまさに絶品。「八重山そば選手権」でグランプリに輝くなど、高い評価を得る一杯は是非一度味わってみたいところ。

シーサイドカフェ ブルートリップ「やんばるスパイス焼き やんばるプレート」

地元の島野菜や肉にこだわったメニューを提供する、名護湾が一望できる名護市で人気のカフェが初出店。イートインでは、やんばる産のウコンや島唐辛子などを使った"やんばるスパイス"が香るカレーに、たっぷりのチーズを乗せて焼いた店1番人気の焼きカレーと、スパイスの効いたジャークチキンのセットが登場する。

工芸品や雑貨は日常に取り入れやすいアイテムが登場

工芸品や雑貨を扱う店舗では、職人が手作りする徳利や猪口、オーダーメイドの草履など日常に取り入れやすいアイテムを中心にラインナップ。沖縄気分を味わえるグッズはプレゼントにもおすすめだ。

【詳細】
沖縄展
開催期間:2018年5月31日(木)〜6月5日(火)
開催時間:10:00〜20:00 ※最終日は18:00閉場。
会場:京王百貨店新宿店 7階 大催場
住所:東京都新宿区西新宿1-1-4


[写真付きで読む]「沖縄展」が新宿・京王百貨店で - フードやスイーツ、工芸品など約50店舗が出店

外部サイト

  • 「近鉄沿線美味探訪」あべのハルカス近鉄本店に近鉄沿線の人気グルメが集結
  • ニュウマン新宿の冷たいスイーツ、トラヤカフェのいちご練乳かき氷やコスメキッチンのヴィ―ガンソフト
  • 「ABENO菓子博&かき氷コレクション」あべのハルカス近鉄本店で開催 - 人気スイーツ店が集結