["

\r\n

 現在好評発売中のCREA6月号の特集は「アウトドアのいいもの150」。最新&おしゃれ、便利なキャンプグッズの紹介から、東西個性派のアウトドアショップガイドまで、さまざまな情報を網羅した一冊だ。

\r\n\r\n

 そこでCREA WEBでは、ご当地ならではの季節のアクティビティを提案し続けている全国各地の星野リゾートの宿から、この夏おすすめの自然体験プログラムを厳選してご紹介!

\r\n
\r\n\r\n

◆星のや富士
\r\n鈍感になりがちな足裏に適度な刺激を

\r\n\r\n
\r\n


河口湖を望む広大な森の中にある、日本初のグランピングリゾートの「星のや富士」。敷地内には自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビンなどが点在。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事とともに大自然を楽しみ尽くすことができる。

\r\n
\r\n\r\n

 日本初のグランピングリゾートとして人気の「星のや富士」から紹介するのは、健康や美容に悩みを抱えることの多い女性たちをサポートする、2泊3日の滞在プログラム“夏の森グランピングリトリート”だ。

\r\n\r\n

 このプログラムは、森のリラックス効果をさらに深く体に取り込むことを目指したもので、滞在中には涼風漂う森の中で“アクティブレスト”する、3つのアクティビティが用意されている。

\r\n\r\n
\r\n


“アクティブレスト”とは、自然の中で身体を動かし、健康と美容を自ら獲得すること。ある研究によると、樹木から分泌されている“フィトンチッド”という香り成分には、消臭・殺菌・防腐効果があり、森の清々しい空気を保つとともに、人々を癒しへ導く働きかける効果があるのだとか。

\r\n
\r\n\r\n

 “夏の森グランピングリトリート”に組み込まれたアクティビティのひとつ目は、裸足で歩くことで地に足をつけて生きていることに気づき、心身のバランスをとる“グラウンディング”。

\r\n\r\n

 リゾートに隣接する森の中につくられた、全長約30メートルの「グラウンディングロード」は、夏になると芝や草木が青々と生い茂る。ここを裸足で歩くことで、日常生活では鈍感になりがちな足裏に適度な刺激を与えることができる。

\r\n\r\n

 特に、日ごろヒールなどの靴でアスファルトの上を歩くことが多い女性にとっては、なかなか味わうことのない新鮮な感覚が得られるばかりではなく、大地との接点に意識を向けることで不思議と心が落ち着き、リラクゼーション効果が期待できるという。

\r\n\r\n
\r\n


標高約900メートルに位置する「星のや富士」の森の中は、真夏でも平均気温23℃前後と涼しいうえ、「グラウンディング」で土に足を着けることでさらにひんやりとした心地よさを味わえる。歩いた後は裸足のまま、涼しい森の中で30分ほどのストレッチを。

\r\n
\r\n\r\n

 2つ目のアクティビティは、手で土をさわり、植物からも自然のパワーを享受する「ハーブとベリーの収穫」だ。

\r\n\r\n

 フレッシュなハーブは、グラウンディングストレッチ後にハーブティーとして味わうことができ、さらに収穫したハーブでミニブーケやアイピローづくりの体験も。乾燥させたハーブと小豆を使って好みの生地で仕上げるアイピローは、おやすみ前に目にあてて使用することで、ハーブの優しい香りが疲れた目と心に穏やかさをもたらしてくれる。

\r\n\r\n
\r\n


森の中のグラウンディングロードを歩きながら、道沿いに育つハーブや、ブルーベリー、ラズベリーなど、夏に旬を迎えるベリーを収穫。

\r\n
\r\n\r\n

 また摘みたてのベリー類は、石窯とスキレットを使ってご自身でつくる朝食“ダッチベイビー”の材料として使用。これが3つ目のアクティビティの「石窯を使った朝食づくり」。

\r\n\r\n

 森に囲まれた「クラウドキッチン」にある石窯を使い、薪で炎を調整しながらパンケーキ生地を焼き上げたら、ベリー類をふんだんに乗せて、クリームやハーブを自由にトッピング。これで自分だけのオリジナル朝食が完成!

\r\n\r\n
\r\n


ベリーたっぷりのお手製パンケーキを持って、森のさらに奥へ。特別に設えられたプライベートスペースで、ゆったりとした朝食タイムを楽しんで。ベリービネガーを使用したサラダ、爽やかなベリードリンクとともに味わう朝のひとときは贅沢そのもの!

\r\n
\r\n\r\n

 こうして森で遊びながら、自然の恵みに体をゆだねてリラクゼーションを促す、女性にうれしい滞在プログラム「夏の森グランピングリトリート」は、2017年に続き2度目の開催。

\r\n\r\n

 2018年は「グラウンディング」をより深く体感できるようにと、ストレッチの時間を新たに設けたり、アイピローづくりを組み込むなど、プログラムをバージョンアップ。

\r\n\r\n

 2018年7月1日(日)〜8月31日(金)の期間限定、しかも昨年も大好評だったプランなので予約はお早めに!

\r\n\r\n
\r\n

星のや富士
\r\n所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
\r\n電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
\r\nhttps://hoshinoya.com/fuji/

\r\n
\r\n\r\n

<次のページ> 超レア! 苔づくしの宿泊プラン

\r\n\r\n", "\r\n\r\n

◆星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
\r\n超レア! 苔づくしの宿泊プラン

\r\n\r\n
\r\n


奥入瀬渓流の苔の魅力を楽しむために考案された宿泊プラン“苔ガールステイ”は、渓流沿いをネイチャーガイドとともに散策する“苔さんぽ”をはじめ、渓流を望む屋外テラスで楽しむ“苔ランチプレート”などが含まれたプラン。2018年6月1日(金)〜8月31日(金)の期間限定。

\r\n
\r\n\r\n

 苔ガール必見! 奥入瀬渓流沿いに立つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」の期間限定“苔ガールステイ”は、“日本の貴重なコケの森”に選定され、苔の観察スポットとして注目を集めている奥入瀬渓流で、苔の世界をとことん楽しむことができる苔づくしの宿泊プラン。

\r\n\r\n

 渓流沿いの散策などのアクティビティがセットになっているほか、苔をテーマにした客室や苔をモチーフにしたメニューなどが用意され、さまざまな角度から奥入瀬の苔の世界を満喫することができる、なんともレアでユニークなプランなのだ。

\r\n\r\n
\r\n


1日1室限定の「苔ルーム」。客室の随所で苔を愛でることができ、苔散策グッズも充実している。

\r\n
\r\n\r\n

 スナゴケベッド、苔マット、苔の胞子体が付いたスリッパ、ジャゴケクッション、苔の群落を表現した壁飾り、苔玉、苔ティッシュケース……。

\r\n\r\n

 チェックイン後、ゲストルームへと向かうと、そこは苔ガール垂涎の苔づくし空間! 苔の質感を表現するため、多彩な生地を使用した苔モチーフのインテリアで統一された「苔ルーム」は、このプラン利用者のためだけに設えられた、1日1室限定のスペシャルルーム。

\r\n\r\n

 苔に魅せられた人なら、この部屋にいるだけでもテンションマックスになること請け合いだが、メインアクティビティはもちろんホンモノの苔をじっくりと観察すること。

\r\n\r\n

 ということで、ネイチャーガイドとともに、奥入瀬渓流の“苔さんぽ”へ。この“苔さんぽ”では、渓流の中流域「雲井の滝」から「白銀の流れ」までの約1キロの道のりを2時間半ほどかけて散策する。

\r\n\r\n

 そして天然の貴重な苔をじっくり観察したあとは、ホテルに戻って“苔玉づくり”体験にチャレンジ。完成した苔玉は、旅の思い出にお持ち帰り可能なのもうれしい特典だ。

\r\n\r\n
\r\n


奥入瀬渓流には、日本で約1800種類ある苔のうち約300種の苔が生息するといわれている。

\r\n
\r\n\r\n

 “苔さんぽ”では、ネイチャーガイドの案内のもと、苔に触れるだけでなく、ルーペを使い、じっくりと苔のミクロの世界を観察することも可能だ。ちなみに“苔ガールステイ”プランは“苔さんぽ”と“苔玉づくり”体験の2つのアクティビティがセットになっている。

\r\n\r\n
\r\n


渓流を望むことができる渓流テラスでは、奥入瀬渓流の苔岩と苔玉を表現した“苔ランチプレート”を提供。ルーペを使って苔をイメージしたチキンのペルシャードを見て、実際に苔を観察するような体験もできる。

\r\n
\r\n\r\n

 さらにこの“苔ガールステイ”プランでは、フードやドリンクも苔づくし。岡本太郎作の大暖炉が印象的な「ラウンジ 森の神話」では、抹茶のアイスクリームを使用した苔玉にそっくりなスイーツ“苔玉アイス”を提供。さらに、抹茶リキュールで森の倒木に生息している苔を表現した苔カクテルも用意しているのでぜひお試しあれ。

\r\n\r\n
\r\n


本物の苔玉そっくりの“苔玉アイス”は、「ラウンジ 森の神話」でどうぞ。

\r\n
\r\n\r\n
\r\n

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
\r\n所在地 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
\r\n電話番号 0176-51-1117
\r\nhttp://www.oirase-keiryuu.jp/

\r\n
\r\n\r\n

<次のページ> 真夏を先取り! 海の家ビアガーデン

\r\n\r\n", "\r\n\r\n

◆星野リゾート リゾナーレ熱海
\r\n真夏を先取り! 海の家ビアガーデン

\r\n\r\n
\r\n


ホテル最上階にビーチを再現した空間「ソラノビーチ Books & Café」が、“真夏の先取り”をテーマにした海の家に変身! 2年目となる今回は、夏の定番、ビアガーデンが2018年6月1日(金)〜7月13日(金)の期間限定で登場する。

\r\n
\r\n\r\n

 熱海の絶景と温泉が自慢のリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」の最上階。そこにはまるで、空に浮かぶビーチのような空間が広がっている。

\r\n\r\n

 フロア一面に敷き詰められた白砂、ビーチチェアやカバナ……。この「ソラノビーチ Books & Café」は、2016年に登場した、一年中屋内でビーチを感じることのできる空間だ。

\r\n\r\n

 そんな「ソラノビーチ Books & Cafe」を舞台に、今年2018年は“真夏を先取り!”をテーマに、期間限定で海の家ビアガーデンが登場する。

\r\n\r\n
\r\n


真夏のビーチをイメージして、季節の先取り感を演出。天候に左右されないビーチのような空間で、ビールや“のどごし”がテーマのドリンクやスイーツを堪能できる。

\r\n
\r\n\r\n

 海の家のオープン期間は「ソラノビーチ Books & Café」内に、ボート、ハンモック、ビーチチェアなどを設置し、真夏のビーチを演出。

\r\n\r\n
\r\n


ご当地ならではのドリンクが充実。伊豆エリアのブリュワリーのビール3種飲み比べセットは900円(税込)。

\r\n
\r\n\r\n

 さらにビアカウンターを設け、見た目も味も、真夏の先取りを感じることのできるメニューをラインアップ。生ビールはもちろん、伊豆地域で有名なシトラスを使った、見た目にも夏らしい色鮮やかなビアカクテルなどを提供する。

\r\n\r\n
\r\n


シトラスビアカクテル 900円の他、シトラススムージー 800円、ハーブコーディアルソーダ 550円も提供(すべて税込)。

\r\n
\r\n\r\n
\r\n


のどごしスイーツ“伊豆名物ところてん”600円(税込)。伊豆地方では、海藻から作られるところてんが有名。つるりとしたところてんを器に突き出し、三倍酢・梅蜜・抹茶蜜から、好みの味を選んでどうぞ。

\r\n
\r\n\r\n

 また、夏気分が盛り上がる、サングラスや麦わら帽子などのアイテムを自由にレンタルできるので、まるで真夏のビーチにいるような写真を撮ることも可能だ。

\r\n\r\n

 なお、「海の家ビアガーデン」が楽しめるのは、宿泊ゲストだけの特権だ。全室オーシャンビューの部屋からの絶景が魅力の「リゾナーレ熱海」で、温泉と真夏のビーチを同時に満喫できるなんて贅沢そのもの。

\r\n\r\n

 梅雨時期の国内旅行にもかかわらず、まるで海外のような南国ムードの漂う空間で、ひと足早い夏のリゾート気分を味わおう!

\r\n\r\n
\r\n

星野リゾート リゾナーレ熱海
\r\n所在地 静岡県熱海市水口町2-13-1
\r\n電話番号 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
\r\nhttps://risonare.com/atami/

\r\n
\r\n"]

文=立花奈緒(ブレーンシップ)